16日 広く大雨の恐れ 東北は記録的な雨
拡大する(全1枚)

16日 広く大雨の恐れ 東北は記録的な雨の画像はこちら >>

活発な前線の影響で東北では記録的な大雨となっています。きょう16日は前線が本州を南下。北海道から四国にかけて広く雨や雷雨。雨は非常に激しく降る所があり、大雨の恐れも。

東北で記録的な雨を観測

北日本に前線が停滞し、暖かく湿った空気の流れ込みで前線の活動が活発になっています。
16日、午前6時までの最大1時間降水量は岩手県花巻市で1時間降水量が42.5ミリと観測史上1位の値となりました。(観測開始は1976年)

きょうの天気

16日は前線上に低気圧が発生し、発達しながら北日本を通過する見込みです。前線は本州を南下するでしょう。また、別の低気圧が津軽海峡付近に発生し、ほとんど停滞する見込みです。
北海道から四国の広い範囲で、前線や湿った空気の影響で雨が降るでしょう。雷を伴って非常に激しい雨が降る所もあり、大雨の恐れがあります。
北海道は雨が小康状態となっている所でも次第に降り方が強まるでしょう。昼前から雷を伴った激しい雨が降りそうです。13日からの雨により、地盤の緩んでいる所や増水している河川があります。引き続き土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。
東北は日本海側を中心に昼前にかけて局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る見込みです。その後も夕方にかけて雷を伴って1時間に60ミリの滝のような雨が降り、大雨となるでしょう。がけ崩れ、山崩れ、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫の恐れがあります。厳重に警戒して下さい。
北陸は夜遅くにかけて雷が鳴り、1時間に60ミリの傘が全く役に立たなくなるような雨が降るでしょう。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に警戒して下さい。