16日にかけて西~北日本は「滝のような雨」で警報級大雨のおそ...の画像はこちら >>

西~北日本では、16日土曜にかけて、局地的に「滝のような雨」や「バケツをひっくり返したような雨」が降るでしょう。警報級の大雨のおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、警戒が必要です。

大雨の原因は? どんなイメージの雨が降る?

16日にかけて西~北日本は「滝のような雨」で警報級大雨のおそれ 土砂災害など警戒

14日木曜は、山口県萩市須佐で1時間に55.0ミリの「非常に激しい雨」を観測するなど、西日本を中心に、雨の強まった所がありました。

15日金曜にかけては、低気圧が日本海をゆっくり北東へ進み、その後、16日土曜にかけては、低気圧が日本海中部でほとんど停滞するでしょう。さらに、15日金曜朝には、本州付近に前線が停滞する予想です。

これらの低気圧や前線に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むでしょう。さらに上空の寒気の影響も加わるため、西日本と東日本では、16日土曜にかけて、大気の状態が「非常に不安定」になり、北日本でも、大気の状態が「不安定」なりそうです。

西日本~北日本では、16日土曜にかけて、雷を伴って「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、大雨となる所があるでしょう。

「非常に激しい雨」とは、滝のようにゴーゴーと降る雨で、傘は全く役に立たないレベルです。また「激しい雨」とは、バケツをひっくり返したように降る雨で、道路が川のようになるほどです。

予想雨量は? 大雨のポイントは?

16日にかけて西~北日本は「滝のような雨」で警報級大雨のおそれ 土砂災害など警戒

15日金曜18時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で
九州州南部 120ミリ
九州北部地方、中国地方、東海地方、関東甲信地方、東北地方 100ミリ
近畿地方、北陸地方 80ミリとなっています。

その後、16日土曜18時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で
九州南部、九州北部地方 200から300ミリ
東海地方、東北地方、北海道地方 100から150ミリ
中国地方、近畿地方、北陸地方、関東甲信地方 50から100ミリです。

今回の大雨のポイントは、「雨雲の発達しやすい状態が、長く続く」ことです。16日土曜にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

また、西日本と東日本では、落雷や竜巻などの激しい突風にも、ご注意ください。

大雨に備えて、最新の気象情報を確認することが大切です。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

16日にかけて西~北日本は「滝のような雨」で警報級大雨のおそれ 土砂災害など警戒

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。



②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。