九州 暴風域抜けてもしばらく強風・高波に注意の画像はこちら >>

きょう6日午前9時には、九州各地とも台風11号の暴風域から抜けましたが、もうしばらく風が強いでしょう。海上はうねりを伴う高波が続きます。

強風や高波に引き続き注意が必要です。

長崎県対馬市は瞬間的に40メートル超の突風

九州 暴風域抜けてもしばらく強風・高波に注意

大型で強い台風11号は、5日夜遅くから6日朝にかけて対馬海峡付近を速度を早めながら北東へ進み、九州北部が風速25メートル以上の暴風域に入りました。

きのう5日からきょう6日午前9時までの最大瞬間風速は、長崎県対馬市厳原で44.7m/sなど、台風の中心が近くを通った対馬地方は40m/sを超える突風が吹きました。長崎県大村市や福岡市、大分県佐伯市蒲江などでも30m/s以上の南よりの暴風が観測されました。

台風は離れても、しばらく強風・高波注意

きょう6日午前9時現在、大型で強い台風11号は日本海西部を時速55キロと速度を早めながら北東へ進んでいます。その後、さらに日本海を速度を早めて北上し、今夜は日本海北部で温帯低気圧に変わる見込みです。



九州は各地とも風速25メートル以上の暴風域から抜けましたが、大型の台風で広い強風域を伴っています。長崎県や佐賀県福岡県、大分県などは昼前後まで強風域に入った状態が続き、南から南西の風が強く吹く見込みです。きょうの夕方以降は、次第に風が収まる所が多くなるでしょう。

また、海上はうねりを伴った高波が続きます。強風や高波に引き続きご注意下さい。

また、九州は昼頃まで一時雨がぱらつく所がありますが、午後は天気は次第に回復し、北から晴れてくる見込みです。