大型で猛烈な台風14号 史上最強クラスで上陸か 一部住家が倒...の画像はこちら >>

大型で猛烈な台風14号は、史上最強クラスの勢力で、あす18日(日)にも九州に上陸するおそれ。九州では最大瞬間風速70~75メートルと、一部の住家が倒壊するほど猛烈な風を予想。

平年の9月1カ月分の雨が、たった一日でザッと降る所も。特別警報発表の可能性あり。暴風・大雨・高波・高潮に厳重な警戒が必要です。

台風の進路

大型で猛烈な台風14号 史上最強クラスで上陸か 一部住家が倒壊するほどの猛烈な風

大型で猛烈な台風14号は、17日(土)17時現在、南大東島の北東約180キロを1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は910hPa、中心付近の最大風速は55m/sとなっています。

17日(土)13時には、大東島地方が風速25メートル以上の暴風域に入り、鹿児島県屋久島町尾之間では17日(土)14時47分に最大瞬間風速30.3メートルを観測しました。



台風はこのあと北よりに進路を変え、18日(日)の午後には、特別警報級の勢力(中心気圧930hPa以下)で九州南部にかなり接近、または上陸する可能性があります。あす18日(日)15時の推定位置は、鹿児島県枕崎市の南南西約40キロで、中心気圧920hPaの予想です。

過去 最強クラスの勢力で上陸か

大型で猛烈な台風14号 史上最強クラスで上陸か 一部住家が倒壊するほどの猛烈な風

過去(1951年~2022年台風2号まで)、中心気圧が低い台風の統計値をみると、一番下がったのが第二室戸台風で925hPa、2番目が伊勢湾台風で929hPa。930hPa前後で上陸すると、過去最強クラスの上陸となりますが、まさに今回の台風14号は、過去最強クラスに匹敵するおそれがあります。

猛烈な風・高波・高潮に厳重警戒

大型で猛烈な台風14号 史上最強クラスで上陸か 一部住家が倒壊するほどの猛烈な風

18日(日)に予想される最大瞬間風速は、九州南部・奄美地方や九州北部地方で、一部の電柱が倒壊するおそれのある70メートル~75メートル。鉄塔や電柱が倒れて広い範囲で大規模な停電がおきたり、社会インフラが機能しなくなるような災害が起きる可能性があります。

そのほか、広い範囲で35メートルとなっているほか、19日(月:敬老の日)には東海地方や北陸地方など東日本でも、35メートル~40メートルの暴風が吹くおそれがあります。

また、18日(日)に予想される波の高さは九州南部で13メートル、奄美地方・九州北部地方・四国地方で12メートル、沖縄地方・近畿地方10メートル、東海地方7メートル、関東甲信地方5メートルとなっています。その後、19日(月:敬老の日)にかけても、九州北部で12メートルなど、西日本は広い範囲で10メートル以上の予想です。奄美地方と西日本ではうねりを伴って猛烈なしけとなり、東日本でも大しけとなる所があるため、高波や高潮にも警戒が必要です。

【九州 9月18日(日)の満潮時刻】
(主な地点のみ)
枕崎  13:25 23:11
阿久根 13:55 23:43
八代  13:56 24:31※
本渡瀬戸14:05 24:26※
長崎  14:14 24:04※
熊本  14:03 24:50※
博多  16:03 25:55※

※=日界越えて19日(月:敬老の日)

線状降水帯発生のおそれも

大型で猛烈な台風14号 史上最強クラスで上陸か 一部住家が倒壊するほどの猛烈な風

台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、19日(月:敬老の日)にかけて西日本や東日本の太平洋側を中心に猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。18日(日)18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州南部で500ミリ、四国で400ミリ、奄美地方・九州北部で300ミリなどとなっています。

鹿児島市の9月1カ月の平年雨量は222.9ミリ、福岡市は175.1ミリなので、たった一日で1カ月分の雨がザッと降るおそれがあります。

また、線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。九州南部と九州北部地方では記録的な大雨となり、大雨特別警報を発表する可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

特別警報の可能性あり

気象庁は、九州南部と九州北部では記録的な暴風や高波・高潮・大雨となるおそれがあり、特別警報を発表する可能性があると発表。大雨特別警報は毎年のように何処かしらで発表されていますが、沖縄以外で大雨特別警報以外の特別警報が発表されると初めてとなります。



今までに経験した事のない甚大な災害が発生するおそれがあるため、最大級の警戒をお願いします。