きょう10日 関東以西は梅雨空 九州南部は滝のような雨も ム...の画像はこちら >>

きょう10日は梅雨前線の影響で、九州から関東は所々で雨。九州南部では局地的に滝のような雨が降る所もあり、土砂災害に警戒を。

蒸し暑くなる所も多く、熱中症対策が欠かせません。

九州南部・四国 発達した雨雲

きょう10日 関東以西は梅雨空 九州南部は滝のような雨も ムシムシ 不快な暑さに

きょう10日は、梅雨前線が大陸から東シナ海を通り、九州から関東の南岸付近に停滞するでしょう。午前7時30分現在、発達した雨雲は海上が中心ですが、鹿児島県を中心に雨脚が強まっています。

1時間降水量は、鹿児島県十島村平島で39.0ミリ(午前7時8分まで)の激しい雨、鹿児島県枕崎市では18.5ミリ(午前5時53分まで)とザーザー降りの雨となっています。

このあとも、九州から関東の太平洋側では所々で雨が降るでしょう。九州南部や四国では夕方以降、さらに雨脚が強まり、局地的に激しい雨が降りそうです。

九州南部では、滝のような非常に激しい雨の降ることもあり、土砂災害に警戒してください。また大気の状態が不安定になるため、落雷や突風が吹く恐れもあります。週末で外出の予定がある方は、早めの帰宅を心がけましょう。

一方、北陸はおおむね晴れる見込みです。東北は、にわか雨や雷雨の所がありますが、日中は日差しが届くでしょう。

北海道は、低気圧の影響で、昼頃までは雨の降る所がありそうです。

ムシムシ 熱中症に注意

きょう10日 関東以西は梅雨空 九州南部は滝のような雨も ムシムシ 不快な暑さに

最高気温は、きのう9日より高い所もあり、体調管理に注意が必要です。

沖縄は30℃近くまで上がり、かなり蒸し暑く感じられるでしょう。九州北部は晴れ間もあり、気温がグングン上昇。内陸部では30℃以上の真夏日になる所もありそうです。九州南部や四国は、きのう9日ほど上がらず、暑さは収まるでしょう。

中国地方から東北にかけては、25℃以上の夏日の所が多くなりそうです。

関東や北陸、東北ではきのう9日より高く、ムシムシと感じられる所も多いでしょう。熱中症のリスクが高まりますので、喉が渇く前に水分をとるなど、熱中症対策を心がけてください。

北海道は20℃くらいの所が多く、平年並みでしょう。

非常に激しい雨って どんな雨?

きょう10日 関東以西は梅雨空 九州南部は滝のような雨も ムシムシ 不快な暑さに

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。

外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのままたまると、降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間、傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が傘にあたることになるのです。

ただ、実際は、まわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く、水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。