きょう13日 東海や関東で湿気多くうだる暑さ あすも熱中症警...の画像はこちら >>

きょう13日は、南から湿った暖かな空気が流れ込んで、日差しのある東海や関東を中心に気温上昇。湿度もかなり高く、うだるような暑さの所も。

夜も気温が下がりにくいため、眠る前には水分補給を。週末はこれまでより一段と暖かな空気が流れ込み、猛暑日になる所も。

きょう13日 気温も湿度も高く うだるような暑さ

きょう13日 東海や関東で湿気多くうだる暑さ あすも熱中症警戒 週末は猛暑日も

きょう13日は、南から湿った暖かな空気が流れ込んで、日差しのある東海や関東を中心に気温上昇しました。
午後3時までの最高気温は、三重県桑名市で33.4℃、山梨県甲州市勝沼で33.1℃、愛知県愛西市岐阜県美濃市で32.5℃、名古屋市で32.2℃まで上がるなど東海や甲信を中心に32℃以上の暑さになった所も。

関東はきのう12日より5℃以上気温の上がっている所が多く、群馬県伊勢崎市で31.8℃、埼玉県熊谷市で31.2℃など内陸部で特に気温が上がりました。東京都心も29.4℃を記録し、真夏日に迫る暑さになりました。

気温だけでなく、湿度も60%から70%で経過するなど、うだるような蒸し暑さとなっています。
ジメジメムシムシとした空気の中、鎌倉市にある長谷寺ではアジサイが見頃を迎え、鮮やかに色どりを添えています。

夜にかけても、気温が下がりにくいため、夜間の熱中症にも注意が必要です。眠る前に、水分補給を行ってください。

週末 更に暖かな空気流入で猛暑か

きょう13日 東海や関東で湿気多くうだる暑さ あすも熱中症警戒 週末は猛暑日も

あす14日は、広い範囲で雨が降り、東海や関東はきょうほどの暑さにはならない見込みです。
ただ、湿度も高い状態が続きますので、引き続き、熱中症に警戒、注意をしてください。



土日はこれまでより一段と暖かな空気が流れ込む予想です。
上空1500メートル付近で18℃以上となる暖気が、関東から東北の広い範囲に流れ込むでしょう。

土日は広く30℃以上 猛暑日の所も

きょう13日 東海や関東で湿気多くうだる暑さ あすも熱中症警戒 週末は猛暑日も

17日から18日にかけてが暑さのピークとなりそうです。
晴れれば、あっという間に気温が30℃に達するような所が多く、中でも、関東甲信や東北では猛暑日になる所も出てくる見込みです。

暑さが一段と厳しくなりますので、これまでよりも万全な暑さ対策が必要でしょう。
暑さに弱いお年寄りや小さなお子さんには、こまめに声掛けを行ってください。

熱中症の応急処置

きょう13日 東海や関東で湿気多くうだる暑さ あすも熱中症警戒 週末は猛暑日も

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。

衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。

水分と塩分を補給しましょう。

冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。

ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。