6月は西・東日本で大雨 北日本で高温に 梅雨明けと盛夏~初秋...の画像はこちら >>

6月は、九州から関東を中心に記録的な大雨、東北や北海道では記録的な高温になりました。九州から東北の梅雨明けは、平年と大きく変わらず、7月中旬から下旬の予想です。

6月1日~3日 前線や台風2号の影響で大雨 線状降水帯が発生

6月は西・東日本で大雨 北日本で高温に 梅雨明けと盛夏~初秋の暑さの見通し

6月上旬は、本州付近に前線が停滞しやすくなりました。
そんな中、1日から3日にかけて、台風2号の北上で、前線の活動が活発になりました。高知県和歌山県奈良県三重県愛知県静岡県で線状降水帯が発生するなど、九州から関東の太平洋側を中心に大雨になりました。1日から3日の降水量の合計値は、静岡県伊豆市517.5ミリ、三重県鳥羽市507.0ミリなどを観測、たった3日で、平年6月ひと月分の降水量を超えたばかりか、東海や関東では平年6月ひと月分の2倍以上になった所もありました。

6月28日から梅雨最盛期の大雨

6月は西・東日本で大雨 北日本で高温に 梅雨明けと盛夏~初秋の暑さの見通し

6月中旬から前線は本州の南に停滞しやすくなりましたが、6月28日頃から、日本付近に南から暖かく湿った空気が流れ込み、前線が、29日から30日にかけて中国華中から日本海に停滞しました。前線の南側にあたる九州や中国地方、四国を中心に雨雲が発達、30日は山口県下関市豊田で1時間に106.5ミリの雨を観測し、統計開始の1976年以降、年間を通して1位の値を更新するなど、記録的な大雨になりました。



7月1日、前線は本州をゆっくり南下し、大雨が続きました。降り始めの6月28日からきょう7月2日正午までの降水量の合計値は、大分県日田市の椿ヶ鼻で531.5ミリ、熊本県湯前町の横谷で505.5ミリを観測しました。これは、平年6月や平年7月ひと月の7割~8割くらいの雨が、数日で降ったことになります。

6月 東北や北海道は高温に 月平均気温は統計開始以来1位も

6月は西・東日本で大雨 北日本で高温に 梅雨明けと盛夏~初秋の暑さの見通し

6月下旬は、東シベリアから北海道付近で、高気圧の勢力が強まりました。北海道網走地方の北見市では、26日から28日にかけて3日連続で、最高気温が30℃以上の真夏日になり、沖縄県那覇市より高くなりました。6月に北見市の最高気温が那覇市より、3日連続で高くなったのは2014年以来、9年ぶりです。



6月の月平均気温は、札幌市19.3℃、仙台市21.6℃で、統計開始以来、1位の値を更新しました(統計開始は、札幌市1877年、仙台市1927年)。

梅雨明けは平年と大きく変わらない予想 暑い夏 残暑も厳しい

6月は西・東日本で大雨 北日本で高温に 梅雨明けと盛夏~初秋の暑さの見通し

日本気象協会が、6月29日に発表した梅雨明け予想では、九州から関東甲信は7月中旬、北陸や東北南部、東北北部は7月下旬の予想です。平年と大きく変わらないでしょう。

この夏から初秋(7月~9月)は、地球温暖化やエルニーニョ現象の影響で、地球全体の気温が高く、特に北半球の亜熱帯域で顕著に高い見込みです。
偏西風は日本付近で平年よりやや南を流れるでしょう。通常、偏西風が日本付近で南に偏る夏は、天候不良や低温傾向です。

ところが、この夏から初秋は、地球全体の高温が、これを打ち消すほどでしょう。沖縄・奄美、九州から関東を中心に、盛夏は例年以上に暑さが厳しく、残暑も厳しくなる見込みです。