あす19日~20日は梅雨前線が南下 広く梅雨空 酷暑は収まる...の画像はこちら >>

あす19日(水)から20日(木)は太平洋高気圧の勢力は弱まり、梅雨前線が本州付近を南下するでしょう。広く雨で東北や北陸は大雨の恐れがあります。

強い日差しは遮られて、猛烈な暑さは収まる所が多いでしょう。

きょう18日も危険な暑さ 東京都心で今年一番の暑さ

あす19日~20日は梅雨前線が南下 広く梅雨空 酷暑は収まる 次の猛暑はいつ?

きょう18日(火)も西日本や東日本は真夏の暑さをもたらす太平洋高気圧に覆われました。九州~関東甲信は強い日差しが照り付けて、危険な暑さが続きました。

15時半までの最高気温の全国トップは三重県桑名市で39.0℃を観測。全国のアメダスのうちどこかで、3日連続で39℃台まで気温が上がりました。東京都心は37.5℃と先週12日(水)と並んで、今年これまでで一番の暑さとなり、3日連続で猛暑日となりました。



そんな猛烈な暑さのピークもきょう18日(火)までです。

19日(水)から20日(木) 梅雨空戻り 猛暑収まる

あす19日~20日は梅雨前線が南下 広く梅雨空 酷暑は収まる 次の猛暑はいつ?

あす19日(水)以降は太平洋高気圧の勢力は弱まるでしょう。20日(木)にかけて、梅雨前線が本州付近を南下し、前線上の低気圧が本州を通過する予想です。

あす19日(水)は日本海側は午前中から断続的に雨が降り、雷を伴って激しい雨の降る所もあるでしょう。午後は太平洋側でも次第に雨が降り、局地的に激しい雨が降りそうです。20日(木)は太平洋側を中心に雨が降るでしょう。



東北や北陸では大雨となる所がありそうです。秋田県に記録的な大雨をもたらしたときのように活発な雨雲が長くかかり続けることはない見込みですが、東北では、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

強い日差しは遮られて、猛烈な暑さは収まるでしょう。猛暑日地点はほとんどなくなりそうです。

次に猛暑になるのはいつ頃?

あす19日~20日は梅雨前線が南下 広く梅雨空 酷暑は収まる 次の猛暑はいつ?

その後、28日(金)頃までは、太平洋高気圧の本州付近への張り出しは、今回ほどは強まらないでしょう。

蒸し暑さは続きますが、広く猛烈な暑さとなったり、40℃に迫るような極端な暑さにはならない見込みです。

ただ、1か月予報によりますと、7月末から8月上旬にかけては、また列島に暖気が流れ込みやすく、九州から関東甲信を中心に最高気温は平年より高くなる可能性が高くなっています。一年で一番暑い時期に、平年を上回る暑さとなる可能性があり、厳しい暑さとなることが予想されます。熱中症対策は万全になさってください。

熱中症の応急処置

あす19日~20日は梅雨前線が南下 広く梅雨空 酷暑は収まる 次の猛暑はいつ?

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。

冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。

ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。