九州 大気不安定で局地的に激しい雨 この先も梅雨空続く 梅雨...の画像はこちら >>

きょう19日は、梅雨前線が九州付近を南下しています。前線に流れ込む湿った空気の影響で、九州は大気の状態が不安定になっており、所々で活発な雨雲が発生しています。

きょう夕方ごろにかけて、局地的な激しい雨や落雷などに注意が必要です。
また、来週前半にかけて、九州は湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の梅雨空が続くでしょう。

19日夕方にかけて急な強い雨・落雷に注意

きょうは梅雨前線が九州北部付近を南下しています。九州は未明から発達した雨雲がかかり、長崎県対馬市厳原では午前3時18分までの1時間に41.5ミリ、鹿児島県鹿屋市吉ケ別府では午前9時49分までの1時間に36.0ミリの激しい雨を観測しました。
きょうの夕方にかけて、九州は局地的に発達した雨雲がかかる見込みです。急な強い雨や落雷、竜巻など激しい突風に注意してください。

九州梅雨明け遅く 向こう一週間もぐずついた天気

九州 大気不安定で局地的に激しい雨 この先も梅雨空続く 梅雨明けは?

連休中に一旦強まった太平洋高気圧が勢力を弱めており、週末にかけて、再び梅雨前線が九州付近に停滞しやすくなる見込みです。また、来週前半も九州は高気圧周辺の湿った空気の影響を受けるでしょう。
九州は梅雨明けの平年日を過ぎますが、向こう一週間は曇りや雨のぐずついた天気の日が多くなる見込みです。
(梅雨明け平年日:九州南部7月15日ごろ、九州北部7月19日ごろ)

九州 梅雨明けは?

九州 大気不安定で局地的に激しい雨 この先も梅雨空続く 梅雨明けは?

来週後半になると、次第に太平洋高気圧が九州付近に張り出し、晴れる日が多くなる見込みです。
この頃に梅雨明けとなる可能性があります。
強い日ざしが照りつけて、再び猛烈な暑さとなり、夏本番がやってくるでしょう。