函館 151年の観測で最も高い気温を記録 熱中症に警戒の画像はこちら >>

今日(10日)、午後1時10分に函館では気温が34.0度まで上がり、1872年の統計開始以来、最も高い気温を更新しました。明日以降は、暑さのピークは過ぎるものの、全道的に平年並みか高めの気温が続きそうです。

引き続き熱中症などに十分注意してください。

函館では151年続いた観測で、最も高い気温に

今日(10日)の北海道付近は停滞前線がかかり、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みました。函館を含めた道南方面や道央では全般に晴れて日差しもあり、気温がぐっと上がりました。
午後1時10分現在、函館では気温が34.0℃まで上がり、1872年の統計以来、これまで151年の歴史の中で、最も高い気温を記録しました。なお、これまでの函館の最高気温は、2021年の8月7日に観測された33.9℃です。

函館を含めた渡島・檜山地方には熱中症警戒アラートが発表されており、熱中症の危険が極めて高い状況になっています。


意識的に水分を補給し、汗を多くかいた際は塩分も補給するなど、万全な対策を心がけてください。

熱中症警戒アラートとは?

函館 151年の観測で最も高い気温を記録 熱中症に警戒

熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に、環境省気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。

熱中症警戒アラートを発表する基準は「暑さ指数(WBGT)」です。暑さ指数は「気温」「湿度」「輻射熱(地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます)」を取り入れた、暑さの厳しさを表す指標です。

この暑さ指数が、全国を58に分けた府県予報区等のどこかの地点で、「33」以上と予想した場合、熱中症警戒アラートが発表されます。熱中症警戒アラートが発表された所では、日頃から実施している熱中症対策を、普段以上に徹底することを心がけてください。