8月最終日も猛烈な暑さおさまらず 東北・北陸では38℃以上の...の画像はこちら >>

8月最終日になっても猛烈な暑さはおさまりません。特に東北や北陸を中心に平年を大幅に上回り、38℃以上が予想されている所も。

熱中症には厳重に警戒をしてください。

特に東北や北陸で猛烈な暑さに

8月最終日も猛烈な暑さおさまらず 東北・北陸では38℃以上の予想も

8月最終日のきょう31日も、東北や北陸を中心に猛烈な暑さに警戒が必要です。特に、きのう30日に37℃を超えた地点がある山形県新潟県は、引き続き、きのう30日と同じくらいか、さらに高くなる所もありそうです。39℃くらいまで上がる可能性もあります。秋田県福島県などでも38℃くらいが予想されている所があります。

関東から近畿は、東北や北陸ほどではなくても、35℃前後まで上がる所が多いでしょう。



一方、雨が降る、中国、四国、九州は暑さはやや控えめで、高知は30℃、福岡は33℃、鹿児島は31℃、の予想です。広島はきのう30日より5℃も低く、29℃の予想です。北陸と東北と比べると10℃近くも低い予想ですが、それでもムシムシとして不快な暑さになりそうです。

熱中症警戒アラート

8月最終日も猛烈な暑さおさまらず 東北・北陸では38℃以上の予想も

きょう31日、熱中症警戒アラートが発表されている所は、青森県岩手県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、そして沖縄県の八重山地方です。

これらの地域では特に警戒が必要ですが、熱中症警戒アラートが発表されていない地域でも、30℃を超える厳しい暑さが予想されている所が多くなっています。

tenki.jpの熱中症情報によると、仙台や東京、名古屋、大阪で「危険」、札幌や釧路、高知、福岡などで「厳重警戒」となっています。

外出の際や、屋外での活動の際など特に熱中症に警戒をしてください。

熱中症警戒アラート 発表時にとるべき行動は

8月最終日も猛烈な暑さおさまらず 東北・北陸では38℃以上の予想も

熱中症警戒アラートが発表された所では、熱中症にかからないよう、積極的にとるべき行動が5つあります。

①外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう。熱中症を予防するためには、暑さを避けることが、最も重要です。不要不急の外出は、できるだけ避けてください。屋内では昼夜を問わず、エアコンなどを使用して、部屋の温度を調整しましょう。


②屋外や、エアコンが設置されていない屋内での運動は、外での運動は、原則、中止や延期をしましょう。
③普段以上に、熱中症予防行動を実践しましょう。のどが渇く前に、こまめに水分を補給したり、なるべく涼しい服装を心がけたりしてください。
④熱中症のリスクが高い方に、声かけをしましょう。高齢者や子ども、持病のある方、肥満の方、障害のある方などは、熱中症にかかりやすいため、「夜間でもエアコンを使う」「こまめな水分補給を心掛ける」など、周りの方が声をかけてください。
⑤暑さ指数(WBGT)を確認しましょう。
暑さ指数は、時間帯や場所によって、大きく異なります。環境省熱中症予防情報サイトなどで確認して、暑さ指数を行動の目安にしてください。