関東でも南風ビュービュー 千葉市で最大瞬間風速20メートル以...の画像はこちら >>

きょう20日(金)は、日本海から寒冷前線が南下中。前線の南側の関東では、南風が強まり、千葉市では最大瞬間風速20メートル以上と、風に向かって歩きにくいくらいの風が吹いています。

今夜(20日)、日付が替わる頃からは次第に北風に変わり、あす21日(土)は強まる見込みです。体感温度もガラッと変わって寒くなるため、風邪を引かないようご注意下さい。

前線の南側 南よりの風が強まる

関東でも南風ビュービュー 千葉市で最大瞬間風速20メートル以上 夜は北風に変わる

きょう20日(金)は、日本海から寒冷前線が南下中。前線の南側では南よりの風が強まっています。

15時半までの最大瞬間風速は、山形県酒田市の飛島で24.0m/s(西南西の風、14:53)、新潟県佐渡市両津湊で23.0m/s(西の風、13:37)。関東でも、沿岸部を中心に南風が強まり、千葉市では最大瞬間風速20.6m/s(南南西の風、15:22)以上と、風に向かって歩きにくいくらいの風が吹いています。



今夜は各地で次第に北風に変わり、千葉市でも日付が替わる頃から北風となるでしょう。あす21日(土)は晴れますが、夏日となったきょう20日(金)ほど気温が上がらず、最高気温は22℃の予想です。これで、平年並みですが、北風が強まる分、数字よりヒンヤリ感じられそうです。

風邪を引かないよう、ご注意下さい。