あす29日も北陸以北の日本海側で大荒れ 暴風や猛吹雪に警戒 ...の画像はこちら >>

今夜は日本海側で雨や風が強まり、北日本は次第に雪に変わる所も。あす29日にかけて、北日本は猛吹雪に、北陸は局地的な大雨や落雷、突風などに注意。

風が強く、横殴りの雨になる所も。関東から西の太平洋側も今夜から気温が急降下。あす29日は晴れても風が冷たい一日に。

きょう28日 日本海側で大荒れ 看板が外れるような危険な暴風も

あす29日も北陸以北の日本海側で大荒れ 暴風や猛吹雪に警戒 太平洋側は気温急降下

きょう28日(火)は、北海道付近を進む低気圧からのびる寒冷前線が本州付近を南下し、冬型の気圧配置に変わりつつあります。
北海道から中国地方にかけて、局地的に雨が強まり、北陸など日本海側では発雷している所もあります。

また、日本海側では危険な暴風が吹き荒れている所があります。


午後4時までの最大瞬間風速は、新潟市西蒲区で30.8メートル(西・午後1時15分)、山形県酒田市の飛島で29.9メートル(西・午後0時50分)、鳥取空港で25.7メートル(西北西・午前10時51分)など、日本海側は何かにつかまらないと立っていられないような、非常に強い風を観測した所もありました。

午後4時現在、秋田県と山形県の沿岸には暴風警報、石川県には波浪警報が発表中です。また、北海道の日本海側には暴風雪警報の発表されている所もあります。あす29日(水)にかけて、暴風雪や暴風、高波に警戒し、海岸付近にはむやみに近づかないでください。

あす29日 北日本は暴風雪 北陸は大雨・暴風に警戒 今夜から一気に気温が急降下

あす29日も北陸以北の日本海側で大荒れ 暴風や猛吹雪に警戒 太平洋側は気温急降下

あす29日(水)は、真冬並みの寒気が南下する北海道や東北は日本海側を中心に雪で、ふぶく所もあるでしょう。北海道の日本海側を中心に猛吹雪で見通しが悪くなる所もありますので、十分に警戒してください。

寒気も強い上に、季節風も強まるため、北日本の山は大雪となり、東北の太平洋側の平地にも雪雲が流れ込む可能性があります。車の運転は必ず冬用のタイヤを装備してください。
北陸は断続的に雨で、風も強い状態が続くでしょう。横殴りの雨に加えて、落雷や突風などにも注意が必要です。

関東から西は広く晴れますが、風が身に沁みる寒さとなるでしょう。
きょう28日(火)は、東京都心の最高気温は22.5℃まで上がりましたが、あす29日(水)は16℃くらいにとどまりそうです。

暖かかった所も、今夜から一気に気温が急降下するでしょう。あす29日(水)は、朝はぐっと冷えて、日中も風が冷たく感じられそうです。風を通しにくいコートを選んでお出かけください。

ここのところ、急に寒くなったり、季節外れの暖かさとなったり、寒暖差が大きくなっていますが、あす29日(水)も急な寒さに十分ご注意ください。

週末にかけて冬型が長続き 寒波長期滞在で積雪増える所も

あす29日も北陸以北の日本海側で大荒れ 暴風や猛吹雪に警戒 太平洋側は気温急降下

12月1日(金)頃にかけて、冬型の気圧配置が長続きし、上空には冷たい空気が居座るでしょう。

このため、日本海側は北日本を中心に雪が続き、山沿いを中心に積雪の量が増える所もありそうです。

大雪や吹雪に注意、警戒を続けてください。

太平洋側は晴れる日が多くなりますが、晴れても気温が上がりにくく、冬のコーㇳが欠かせない寒さの日が増えるでしょう。特に、朝晩はこれまでよりも一段と冷え込みが厳しくなり、東京都心は1日(金)頃から最低気温が5℃以下の冷え込みが続く見込みです。

あす29日(水)からは、暖房や防寒グッズが欠かせない寒さが続きそうです。屋外でも携帯カイロを使用するなど、体を冷やさないようにご注意ください。