関東の沿岸部に発達した雨雲 東北北部は雪 八戸で12センチな...の画像はこちら >>

今日12日(火)は関東の沿岸部に発達した雨雲がかかり、南部で雨脚が強まっている所も。東北北部は雪の降っている所があり、午前8時現在の青森県八戸市の積雪は12センチです。

関東や東北の雨や雪は昼頃にいったんやむ所が多いですが、全国的に季節風が強く、日本海側は夜にかけても降ったりやんだりするでしょう。

太平洋側に発達した雨雲かかる 東北北部は雪に

関東の沿岸部に発達した雨雲 東北北部は雪 八戸で12センチなど積雪増

今日12日(火)は、前線を伴った低気圧が本州付近を通過しています。太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、未明には高知県の室戸岬で1時間に43.5ミリの激しい雨を観測。和歌山県の潮岬や西川でも20ミリを超えるどしゃ降りの雨となりました。

午前8時現在は、関東の沿岸部に発達した雨雲があり、東京都神奈川県千葉県で雨脚の強まっている所があります。

また、東北北部では雪の降っている所があり、積雪が増えています。

青森県八戸市では、きょうに日付が替わった頃にはまだ雪は積もっていませんでしたが、次第に雪が積もりはじめ、午前5時には4センチ、午前8時には12センチと、今シーズン初めて積雪が10センチ以上になりました。そのほか午前8時の積雪は、岩手県二戸市で9センチ、青森県弘前市で7センチなどとなっています。

昼頃まで局地的な激しい雨や降雪の強まりに注意

静岡県の一部と関東の沿岸部は朝まで激しい雨の降る所があり、伊豆半島や房総半島では昼頃にかけて局地的な激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風に注意が必要です。午後は雨がやみますが、夜は再び雨雲のかかる所があるでしょう。

東北の雨や雪も昼頃までの所が多いですが、一時的に雨や雪の降り方が強まることがありそうです。東北北部では平地も含めてさらに積雪が増えるでしょう。

雪が止んだ後も積雪や凍結により路面が滑りやすい状態が続きますので、車の運転は冬の装備を万全にし、いつも以上に慎重になさってください。

なお、前線や低気圧の通過後は冬型の気圧配置に変わるため、全国的に北よりの風が強まります。日本海側では夜にかけても雨や雪が降ったりやんだりするでしょう。