東海地方 2週間天気 気温変化大 今週末から本格的な冬の寒さ...の画像はこちら >>

東海地方は、16日(土)まで気温は平年より高いものの、17日(日)からは気温が急降下し、本格的な冬の寒さとなるでしょう。その後も気温の低い状態が続き、クリスマスにかけて厳しい寒さが続きそうです。

2週間天気前半:13日(水)~19日(火)

東海地方 2週間天気 気温変化大 今週末から本格的な冬の寒さ到来

東海地方は、しばらくは数日の周期で天気が変わるでしょう。
明日13日から14日(木)の日中にかけて、愛知県岐阜県三重県では広く晴れる見込みです。静岡県では晴れ間もありますが、局地的な前線の影響で雲が広がりやすいでしょう。

15日(金)から16日(土)にかけては、日本海を進む低気圧や低気圧から延びる前線に伴う雨雲が東海地方を通過するため、広く天気が崩れる見込みです。15日の日付が変わる頃から、早い所では雨が降りだすでしょう。

17日(日)以降は、上空1500m付近に真冬並みの寒気が入る見込みです。

飛騨地方では17日を中心に雪が降り、積雪となるでしょう。暖かさから一転、気温が急降下します。冬用タイヤを装備していない方は、雪への対策を忘れないようにしてください。太平洋側の地域は大体晴れますが、時々低い雲が流れ込むことがありそうです。これまで雪が降らなかった地域でも雪がちらついたり、厳しい寒さとなるでしょう。暖かくしてお過ごしください。

名古屋の初雪はそろそろ?

東海地方 2週間天気 気温変化大 今週末から本格的な冬の寒さ到来

名古屋地方気象台の観測では、今年は初霜・初氷の便りはすでに届いていますが、初雪の便りはまだとなっています。初雪の平年日は12月22日、昨年2022年は12月24日でした。ちなみに、昨年は初雪の日に最大10cmの積雪を観測するなど大雪となりました。
北西の強い風にのって気温が低い時間に雪雲が流れ込めば、名古屋市内でもそろそろ雪が舞うこともありそうです。

2週間天気後半:20日(水)~25日(月)

東海地方 2週間天気 気温変化大 今週末から本格的な冬の寒さ到来

20日(水)以降も、寒気が強弱をつけながら居座る見込みです。高山市など飛騨北部では雪の降りやすい日が続き、厳しい寒さが続く見込みです。

太平洋側の地域では大体晴れますが、強い風にのって低い雲が流れ込むことがあり、にわか雨やにわか雪となる所もあるでしょう。
また、名古屋など東海地方の平野部でも、最低気温が0℃未満の冬日となる日があり、厳しい冷え込みの日が多くなる見込みです。風を通しにくいコートや手袋、マフラー、ホッカイロなどで、寒さ対策を万全にするようにしましょう。

冬の節電対策

東海地方 2週間天気 気温変化大 今週末から本格的な冬の寒さ到来

暖房器具を使用する際、少しの工夫で節電につなげることができます。

環境省が推奨する冬の暖房時の室温は20℃が目安です。それでは寒いと感じる方もいるかと思いますが、快適に過ごせるよう工夫をしましょう。



暖かい空気は上に行こうとする性質があるため、エアコンの羽は下向きにするのが効果的です。サーキュレーターや扇風機などを使って、暖かい空気を循環させると部屋全体が暖まりやすくなります。

また、体感温度は温度だけでなく、湿度でも変わります。一般的に、湿度が高くなると体感温度が上昇しますので、加湿器などを使用するのもよいでしょう。