明日23日(土)にかけて東北日本海側は積雪さらに増加 交通へ...の画像はこちら >>

明日23日(土)にかけて、東北日本海側では積雪がさらに増える所が多いでしょう。引き続き、大雪には注意・警戒して下さい。

また、大雪による交通への影響も長い所では24日(日)の午前中にかけて続きそうです。

22日(金) 東北日本海側では積雪増加中 平地でもまとまった雪に

明日23日(土)にかけて東北日本海側は積雪さらに増加 交通への影響も続く

今日22日(金)は冬型の気圧配置となっており、上空には強い寒気が入っています。このため、東北では日本海側を中心に雪が降り、午後4時現在の積雪深は青森県酸ヶ湯で119センチ、山形県大蔵村肘折で72センチのほか、青森県青森市で48センチ、山形県酒田市で37センチ、秋田県秋田市で19センチなど山沿いだけではなく、平地でも積雪が多くなっています。

23日(土)にかけて福島県の会津山沿いを中心に積雪急増の恐れ

明日23日(土)にかけて東北日本海側は積雪さらに増加 交通への影響も続く

このあと明日23日(土)にかけても日本海側を中心に断続的に雪が降るでしょう。山形県庄内や置賜地方、秋田県の内陸南部では積雪がさらに増加する予想です。また、新潟県付近で発達した雪雲が福島県にも流れ込む予想で、会津の山沿いでは短い時間に積雪が一気に急増する恐れがあります。

明日23日(土)18時までに予想される降雪量は福島県と新潟県との県境付近で特に多く、50センチ以上新たに雪が降る所もありそうです。そして、道路など交通への影響も続くでしょう。秋田道や日本海東北道では24日(日)の午前中にかけて影響が長引きそうです。今後の気象情報や交通情報に十分注意して下さい。

短時間の大雪 注意点は?

明日23日(土)にかけて東北日本海側は積雪さらに増加 交通への影響も続く

① 道路の除雪が追いつかなくなることで、車の「大渋滞」や「立ち往生」が発生する恐れがあります。特に交通量の多い国道や高速道路などでは大規模な立ち往生となり、復旧まで長時間かかることがあります。

雪道を運転する場合は、万が一に備えて、除雪用のスコップや防寒着、毛布などを車内に用意しておくとよいでしょう。

② 「屋根からの落雪」にも注意が必要です。屋根に大量の雪が積もると、雪の重みで一気に雪が滑り落ちてくることがあります。特に軒先で作業する際は頭上の状況を確認するなど十分な注意が必要です。

③ 道路の側溝などに雪が積もってしまうと、水はけが悪くなり「道路が冠水」することがあります。特に雪の多い地域では消雪パイプからの水が道路に溜まりやすいので注意が必要です。


このほか、大雪によって停電が起こる場合があります。携帯電話やスマートフォンを充電しておく、電池式のラジオやモバイルバッテリーを用意しておくなど、停電時でも情報が得られるようにしておくと安心です。また、カイロや湯たんぽ、灯油ストーブなど防寒グッズも用意しておきましょう。