今日10日の関東 午後は北風ヒンヤリ 夜遅くは南部で雨 明日...の画像はこちら >>

今日10日(水)の関東は、昼頃まで晴れるが、次第に曇り空に変わって、北風が強まりそう。夜遅くは千葉や神奈川など南部で雨の所も。

帰宅時間が遅くなる方は雨具があると安心。明日11日(木)は晴れても厳しい寒さに。

今日10日(水) 夜遅くは南部で雨の所も

今日10日の関東 午後は北風ヒンヤリ 夜遅くは南部で雨 明日11日は厳しい寒さ

今日10日(水)の関東は、日本の南を東へ進む低気圧や湿った空気の影響を受ける見込みです。

朝は広い範囲で晴れますが、午後は各地とも雲が広がるでしょう。洗濯物は早めに取り込んだ方が良さそうです。北部では天気の崩れはない見込みですが、千葉や神奈川など南部の一部では、夜遅くに雨の降る所があるでしょう。

帰宅時間が遅くなる方は、雨具があると安心です。

最高気温は昨日9日(火)より高く、12℃前後でしょう。ただ、午後は日差しがなく、北よりの風が強まるため、実際の気温より寒く感じられるかもしれません。マフラーや手袋で、首元や指先を温かくしてお出かけください。

明日11日(木) 昼頃から晴れるが厳しい寒さ

今日10日の関東 午後は北風ヒンヤリ 夜遅くは南部で雨 明日11日は厳しい寒さ

明日11日(木)は、低気圧が日本の東へ進み、次第に高気圧に覆われる見込みです。関東は昼頃まで雲が広がり、明け方まで神奈川など南部の一部で雨が降るでしょう。

内陸部では、雪のまじる可能性があるため、車の運転は路面状況にご注意ください。午後は広い範囲で晴れる見込みです。

最低気温は、南部では平年より高い所が多いでしょう。一方、北部は放射冷却の影響で冷え込みが強まりそうです。埼玉県秩父市はマイナス3℃、宇都宮市はマイナス1℃、群馬県みなかみ町はマイナス6℃でしょう。

最高気温は平年より低い所が多く、東京都心は9℃、横浜は8℃など、厳しい寒さになりそうです。
北風がやや強く吹いて、体感はさらに寒いでしょう。重ね着などで寒さ対策を万全にしてお過ごしください。室内でも、ひざ掛けをしたり、厚手の靴下を履いたりして、足元からの冷えを防ぐとよいでしょう。

ヒートショックを防ぐ4つのポイント

今日10日の関東 午後は北風ヒンヤリ 夜遅くは南部で雨 明日11日は厳しい寒さ

冬の時期は、暖かい部屋から寒い部屋への移動など、急激な温度の変化によって身体がダメージを受ける「ヒートショック」が発生しやすくなります。明日11日(木)は昼間もあまり気温が上がらず、寒くなりますので、家の中での温度差に気をつけましょう。ヒートショックを防ぐには、次の4つのポイントを覚えておいてください。



① 脱衣所や浴室は、入浴する前に暖めておきましょう。暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室に入り、その後、浴槽につかると、寒暖差で血圧が急激に変化してしまいます。浴室に暖房設備がない場合は、シャワーを使って浴槽に給湯したり、浴槽のお湯が沸いたらよくかき混ぜた後、蓋を取って湯気を充満させたりするのも、効果的です。

② 入浴の際は、お湯の温度は41度以下、時間は10分以内を心がけましょう。入浴する時間帯は、夜遅い時間帯だと冷え込んできますので、早めの時間帯を心がけてください。

③ 浴槽で体を暖めた後は、できるだけゆっくり立ち上がるようにしましょう。
手すりがあれば活用し、手すりがない場合でも、浴槽のへりにしっかり手をかけて、立ち上がってください。

④ 食後すぐの入浴や、飲酒後の入浴は、避けましょう。食後に血圧が下がりすぎる食後低血圧によって失神することもありますし、飲酒によっても一時的に血圧が下がります。体調の悪い時も、入浴は避けてください。