関東近郊 週末のスキー場天気 土日はスキー日和 来週は高温で...の画像はこちら >>

今週末は、関東近郊ではスキー日和となりそうです。雪や風が強まることはなく、晴れる所もあるでしょう。

来週は気温が高くなり、なだれや融雪に注意が必要です。

今週末 スキー日和の所が多い

今週末は、日本付近の強い冬型の気圧配置は緩む見通しです。27日(土)は、新潟、会津、関東北部のスキー場で雪が降り、新潟エリアでは28日(日)も雪が降りますが、ここ数日のように雪や風が強まることはない見込みです。ただ、積雪している地域での車の運転は十分に注意するようにしてください。
一方、長野エリアでは、土曜日から日曜日の午前は多少日差しが出て、スキー日和となりそうです。日差しが雪面に反射するため、サングラスなどで対策すると良さそうです。



なお、今日(26日)正午現在、栃木県北部や群馬県北部、長野県北部・中部、福島県会津地方、新潟県にはなだれ注意報が発表されている所があります。あす27日(土)にかけて注意が必要です。

来週 気温が高く「なだれ」に注意を

関東近郊 週末のスキー場天気 土日はスキー日和 来週は高温でなだれや融雪に注意を

来週は、日本付近は暖かい空気に覆われるため、一層、なだれに注意が必要となります。
昨日(25日)、東北から九州、奄美、沖縄にかけて「高温に関する早期天候情報」が発表されました。関東甲信では2月1日ごろから、東北と北陸では2月3日ごろから気温が平年に比べて「かなり高くなる」可能性があります。積雪の多い所では、一気に雪解けが進む恐れがあります。

なだれなどに十分注意が必要です。

スキー場のコースは、指示に従うようにしてください。コース外やスキー場以外の管理されていない場所では、なだれが発生する危険があります。スキーは安全な場所で楽しむようにしてください。

急な雪解け 注意点は?

関東近郊 週末のスキー場天気 土日はスキー日和 来週は高温でなだれや融雪に注意を

暖かくなることで心配されるのが雪解けによる災害や事故です。積雪が多く残る所では、次の3つの点に注意が必要です。



① 雪解けによって「全層なだれ」が発生しやすくなります。山に積もった雪が全て滑り落ちる現象で、気温の上昇や雨の後などに多く発生します。過去になだれが発生した斜面や積雪に亀裂が入っている所では、特に注意が必要です。

② 気温の上昇によって積もった雪が滑り、「屋根からの落雪」が起こりやすくなります。軒先で作業する際は頭上の状況を確認するなど注意が必要です。また、除雪作業を行う場合は、命綱とヘルメットを装着し、できるだけ複数人で実施するなど、安全を確保するようにしてください。


③ 雪が多く積もった道路で、気温が上昇したり、雨が降ったりすると、「冠水」のおそれがあります。路肩に集められた雪によって排水が悪くなったり、雪の塊が排水溝を塞いだりしてしまうことがあるためです。大雪のあとの雨は、たとえ大雨でなくても、道路の冠水に十分ご注意ください。