関東近郊 週末のスキー場天気 晴れてスキー日和 気温が高く「...の画像はこちら >>

今週末は関東周辺では晴れて、スキー日和となりそうです。気温は高く汗ばむこともありますが、風が強まるため服装で上手に調節してください。

また、なだれにも注意が必要です。

今週末は晴れてスキー日和

16日(土)、17日(日)は、関東周辺ではおおむね晴れてスキー日和となるでしょう。
17日(日)の夕方以降は雪の降る所がありそうです。

土曜日・日曜日とも日差しがたっぷりと届き、雪面での反射が強いため、ゴーグルを着用すると良いでしょう。また、日焼け対策もした方が良さそうです。
気温は高めですが、北より、または西よりの風の吹くところが多く、栃木エリアでは10メートルくらいの風が吹きそうです。

気温が高く汗ばむことがあっても、風が強まると実際の気温より寒く感じられますので、速乾性の高いインナーや、薄手のネックウォーマーなどで調整すると良さそうです。

なだれに注意

この時期、雪のレジャーの際はなだれに注意が必要です。
今週末は春本番の暖かさが予想され、特に17日(日)は最高気温は5℃以上の所が多いでしょう。なだれが発生する可能性がありますので、スキー場の滑走禁止エリアには立ち入らないようにしてください。

なだれの種類

関東近郊 週末のスキー場天気 晴れてスキー日和 気温が高く「なだれ」に注意

なだれには種類が2つあります。

1つは「表層なだれ」で、山に積もっている古い雪の上に、新たに積もった雪が滑り落ちる現象です。


もう1つは「全層なだれ」です。こちらは、山に積もった雪が、全て滑り落ちる現象です。気温が上昇する春先に、雨が降った後や、フェーン現象などで気温が上がった時に多く発生し、斜面の上の固くて重い雪が、流れるように滑り落ちます。過去になだれが発生した斜面や、積雪に亀裂が入っている所では、特にご注意ください。