22日~24日 今度は日本海側でも大雨 災害レベルのおそれも...の画像はこちら >>

22日(土)から24日(月)にかけて、梅雨前線の活動が活発になる見込みです。これまでは太平洋側で大雨となっていましたが、今度は日本海側でも雨量が多くなり、広い範囲で警報級の大雨となるおそれがあります。

土砂災害など、大雨による災害に警戒が必要です。

梅雨前線が日本海まで北上 活動が活発化

22日~24日 今度は日本海側でも大雨 災害レベルのおそれも 土砂災害などに警戒

22日(土)は西から梅雨前線が北上し、前線上の黄海付近には低気圧が発生する見込みです。23日(日)は低気圧が日本海へ進み、前線や低気圧に向かって暖かく非常に湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発になるでしょう。24日(月)は低気圧が北日本付近へ進み、前線はやや南下する見込みです。22日から24日にかけては各地で断続的に雨が降り、局地的にカミナリを伴って激しく降るでしょう。

この期間で、特に警戒が必要なのは23日です。

前線活動の程度によっては、非常に激しい雨が降るおそれがあります。

今後、各地で予想される降水量は、以下の通りです。(いずれも多い所)
〇21日18時~22日18時
九州北部地方 120ミリ

〇22日18時~23日18時
東海 200ミリ
北陸地方、近畿地方、中国地方、九州北部地方 150ミリ

〇23日18時~24日
近畿地方 120ミリ
東海地方、北陸地方 100ミリ
中国地方 80ミリ

鹿児島県や伊豆半島など、すでにこれまでの大雨で地盤が緩くなっている所があります。今後少しの雨でも災害が発生するおそれもあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

日本海の海面水温が高い 海からも大量の水蒸気が補給され大雨に

22日~24日 今度は日本海側でも大雨 災害レベルのおそれも 土砂災害などに警戒

上図は日本近海の海面水温を示したもので、赤が濃くなるほど平年より高く、青が濃くなるほど平年より低いことを表しています。

日本の南の海上は平年並みの領域が多い一方で、日本海は平年より3℃前後高い部分がほとんどです。

今週末は梅雨前線が日本海まで北上し、広範囲に熱帯由来の非常に湿った空気が流れ込みます。さらに日本海からも水蒸気が補給されるとなれば、日本海側の大雨リスクがさらに高まることが考えられ、災害が発生するレベルの大雨になる可能性も考えられます。

21日現在、中国地方、北陸地方、東北地方はまだ梅雨入りの発表がありませんが、いきなり梅雨最盛期、あるいは梅雨末期レベルの大雨のおそれがあります。特に、能登半島地震の被災地では地盤が緩んでいるおそれがありますので、土砂災害に警戒が必要です。

大雨の備え

22日~24日 今度は日本海側でも大雨 災害レベルのおそれも 土砂災害などに警戒

大雨が予想される場合、災害による被害を少しでも小さくしたいものです。

そのために、あらかじめ備えておいていただきたいことは、次の3つです。

①避難場所や避難経路の確認をしておきましょう。いざ大雨による災害が発生すると、避難経路が通れなかったり、避難場所に行けなくなったりすることもあります。複数の避難場所や避難経路を確認しておくことが大切です。また、川や斜面の近くは通らないようにするなど、浸水や土砂災害の危険性が高い場所を避難経路に選ぶのは、避けてください。確認した避難場所や避難経路の情報は、家族で共有しておきましょう。

②非常用品の準備をしておきましょう。非常用の持ち出し品は、リュックなど両手が使えるものに入れて、すぐに持ち出せる所においてください。避難時に履く靴は、スニーカーなど、底が厚く、歩きやすい靴を用意するのが安全です。また、水道や電気など、ライフラインが止まった時に備えて、水や食料も用意してください。
③側溝などの掃除をして、水はけを良くしておきましょう。砂利や落ち葉、ゴミなどが詰まっていないかも、確認しておいてください。


いずれも、大雨になる前に、なるべく早い段階で備えるよう、心がけてください。