連休明けは荒れた天気 再び大雪か 東北

連休明けは荒れた天気 再び大雪か 東北

この3連休(12日~14日)は東北地方は晴れ間の出るところが多く、お出かけや成人式にも良いお天気になりそうです。ところが、連休明けの15日(火)は、再び荒れた天気となり、東北北部の内陸を中心に大雪となるおそれがあります。落雷や突風、ふぶきなどにも注意が必要です。16日以降も、大雪やふぶきが続いてしまうでしょう。来週末(19日、20日)にはセンター試験も控えています。受験生のみなさんが、万全の体調で当日をむかえられますように。

あす11日 寒さ戻り、風強まる

きょう10日(木)の東北地方は、朝の冷え込みは大幅にゆるみ、日中の気温も平年より4度前後も高くなったところが多くなりました。ただ、あすは冬型の気圧配置となり寒気が流れ込むため、日中もほとんど気温が上がりません。青森市、秋田市、山形市、岩手県盛岡市では3度前後、宮城県仙台市、福島市でも6度前後など、東北地方はきょうとは一転して、寒さが戻ってきそうです。太平洋側の北部を中心に風も強まるでしょう。海上を中心に強風にご注意ください。

3連休は日本海側中心に晴れ間

連休明けは荒れた天気 再び大雪か 東北

土曜日からの3連休は天気の大きな崩れはなく、極端な大雪となる所はない見込みです。朝晩の冷え込みは強いですが、日中は平年並みか平年をやや上回るところが多いでしょう。
ただ、太平洋側では、14日(月)の成人の日は、南部を中心に雪や雨となってしまいそうです。雪や雨で路面の状況の悪いところもあるでしょう。会場に着くまでは脱ぎやすいブーツを履いていき、会場で草履に履き替えるのも良さそうです。また、寒さもこの時期らしくなります。振袖は重ね着をしていますが、首元や足元、袖口は開いていて冷えますので、インナーやショール、ストールなどで防寒対策をしっかりとしましょう。寒さに震えることなく、同級生との再会が楽しい思い出になりますように。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年1月10日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。