ゴールデンウィーク 天気の注意点「平成最後の雪も」

ゴールデンウィーク 天気の注意点「平成最後の雪も」

平成から令和へのGWは、地方によって、天気の注意点が違います。平成最後の寒気が入るので、関東の山など「本州でも雪」の予想。北海道は「平地でも積雪」となるため、交通機関の乱れに注意。10連休は「寒の戻り」や「大雨」の所もありそうなので、最新情報をもとに解説します。

注意点① 北海道・東北北部 雪の降りだしは26日から

26日の午後は、平成最後の寒気が、徐々に南下するでしょう。今回の「寒気の底」は、27日頃。27日の朝には、平地でも雪を降らせる目安となる強い寒気が、北海道や東北北部の上空に流れ込む予想です。このため北海道や東北北部では、10連休が始まる前日、26日の昼頃から次第に、湿った重い雪が降るでしょう。
今回は、平地でも雪が降るのがポイント。札幌や盛岡でも、26日の夜から27日は、雪やみぞれになる可能性があり、すでに桜が開花している所では、桜と雪の共演が見られそうです。雪は27日にかけても断続的に降るため、北海道はオホーツク海側を中心に、平地でも積雪状態となるでしょう。東北北部の平地でも、積雪となる所がありそうです。

注意点② 北海道・東北北部 道路を走行する際の注意点 交通機関への影響も

26日夜から27日にかけては、北海道や東北地方の標高の高い所では、この時期としては、まとまった降雪が予想されます。道路の上にも雪が積もり、車はノーマルタイヤでの走行は非常に危険な状況となりそうです。北海道~東北を走行する車両で、ノーマルタイヤに履き替えた方は、タイヤチェーンなど冬装備をしっかり行って、安全走行をおねがいします。
また、交通機関への影響も心配されますし、冬装備のない方は、27日以降に日程変更するなど、「出控え」の選択ができると安心です。北海道や東北北部の標高の高い所では、いっきに冬景色に逆戻りするため、山へ出かける予定の方は、予定の変更を視野に入れることも考えて下さい。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年4月25日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。