梅雨入り前に九州で大雨の恐れ 関東も来週前半は雨や雷雨

記事まとめ

  • 九州では18日から19日にかけて太平洋側を中心に発達した雨雲がかかる。
  • 20日から22日にかけては九州から関東に発達した雨雲がかかり、局地的に大雨も。
  • 沖縄、奄美で平年より遅い梅雨入りの発表があったが、九州から東北の梅雨入りは平年と大きくずれることはなさそうだ。

梅雨入り前に大雨の恐れ 関東も来週前半は横殴りの雨

梅雨入り前に大雨の恐れ 関東も来週前半は横殴りの雨

九州では、18日(土)から19日(日)にかけて太平洋側を中心に発達した雨雲がかかる。大雨の恐れ。20日(月)から22日(水)は、九州から関東で雨や雷雨。激しい雨や強風も。

18日(土)~19日(日) 九州南部 土砂災害に警戒

梅雨入り前に大雨の恐れ 関東も来週前半は横殴りの雨

18日(土)は、千島の東に中心を持つ高気圧が、ゆっくり南東へ移動する見込みです。日本付近で等圧線の間隔が狭くなるでしょう。九州付近に、高気圧の縁を回って、湿った空気が流れ込みます。上空では、寒気を伴った気圧の谷が九州を通過するでしょう。九州は、東風が強めに吹き、雨が降る見込みです。特に、東風が九州山地にぶつかり雨雲が発達します。太平洋側の地域を中心に雷が鳴り、雨が非常に激しく降る所があるでしょう。予想される雨量は、宮崎県、鹿児島の大隅地方、種子島・屋久島地方は、多い所で1時間に50ミリ。水しぶきで辺り一面が白っぽくなり、視界が悪くなるくらいの雨が降るでしょう。鹿児島の薩摩地方は40ミリで、道路が川のようになることも考えられます。18日の午後6時までの24時間降水量は、宮崎県、鹿児島の種子島・屋久島地方は200ミリ、鹿児島の大隅地方は150ミリ、薩摩地方は100ミリです。上空の気圧の谷の動きは遅いでしょう。19日(日)にかけても、湿った空気の流れ込みが続きます。九州の太平洋側を中心に雨が降り続き、雨量は更に増えるでしょう。大雨となる恐れがあります。土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風に注意して下さい。奄美でも18日、十島村で滝のような雨が降りそうです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年5月17日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。