21日 関東・東海で激しい雨 大雨に警戒 強風も

21日 関東・東海で激しい雨 大雨に警戒 強風も

21日(火)は、東海や関東甲信は、非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れ。土砂災害、低い土地の浸水などに警戒を。沿岸の地域を中心に南風が強く吹く。東北の太平洋側も強風に注意。

東海で1時間に40ミリ以上の雨を観測

21日 関東・東海で激しい雨 大雨に警戒 強風も

21日(火)は、寒冷前線が本州を通過中です。前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでおり、関東甲信や東海付近は大気の状態が非常に不安定になっています。未明に、和歌山市で1時間に55.5ミリの雨を観測し、5月の1位の値を更新しました。午前6時現在、発達した雨雲が東海を中心にかかっています。午前6時までの1時間に、静岡県の天城山で48.0ミリ、三重県の南伊勢で45.5ミリの雨を観測しています。

きょうの天気

21日(火)日中に、寒冷前線は、東日本や北日本を通過するでしょう。関東甲信や東海では、局地的に雷が鳴り、非常に激しい雨が降る見込みです。南風も強めに吹くでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒、注意して下さい。強風や落雷にも注意が必要です。東北も太平洋側で南風が強く吹く見込みです。

【各地の天気】梅雨前線は、先島諸島の南まで下がっています。沖縄は晴れるでしょう。寒冷前線が抜けた九州、四国、中国地方も青空が広がる見込みです。近畿は太平洋側で朝まで雨が降る所があるでしょう。和歌山県では、これまでに降った雨で、増水している河川があります。南部では、朝は河川の増水や氾濫に警戒して下さい。土砂災害にもご注意下さい。日中は晴れ間が広がる見込みです。東海は、昼前にかけて、雷を伴って非常に激しい雨が降るでしょう。大雨になる恐れがあります。予想される雨量は、静岡県で多い所で70ミリ、愛知県、三重県で50ミリ、水しぶきで辺り一面が白っぽくなるくらいです。視界が悪くなり、車の運転が危険な場合もあります。岐阜県は40ミリ、側溝があふれるようなこともあるでしょう。午後は、天気は回復へ向かいます。関東甲信は、昼過ぎにかけて、雷が鳴り、1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降る所があるでしょう。河川が一気に増水したり、マンホールから水が噴出することも考えられます。沿岸部を中心に南風が強めに吹き、横殴りの雨となりそうです。通勤、通学など時間に余裕を持ってお出かけ下さい。北陸は、午前は雨や雷雨でしょう。局地的に傘をさしていても濡れてしまうくらいの雨が降りそうです。午後は雲は少なくなるでしょう。東北も、雨が降る見込みです。太平洋側では、昼過ぎにかけて、雷が鳴り激しく降る所があるでしょう。南風が強く吹きます。予想される最大瞬間風速は、太平洋側で30メートル。風に向かって歩けなくなるくらいでしょう。ご注意下さい。夕方は、日本海側から次第に晴れてくる見込みです。北海道も、日中を中心に雨が降る見込みです。所々で雷が鳴り雨脚が強まるでしょう。道南では激しく降る所がありそうです。

きょうの最高気温

最高気温は、平年並みか平年よりやや高いでしょう。那覇は26度の予想です。鹿児島で27度、福岡では25度、高知で28度、広島は27度、松江では24度、大阪は26度の予想です。各地で汗ばむ陽気になるでしょう。名古屋は6月中旬並みの27度、東京は22度、金沢は23度、きのう(20日)30度以上の真夏日となった新潟では22度の予想です。仙台は21度でしょう。秋田は20度できのうより7度ほど低く、この時期の気温に戻りそうです。札幌は17度の予想です。

あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年5月21日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。