沖縄に熱帯低気圧 あすにかけて令和初台風発生の可能性

記事まとめ

  • 熱帯低気圧が沖縄本島地方に接近し、あす未明には最大風速が18メートル以上の台風になる可能性がある。
  • 台風は、沖縄の東から奄美地方を北上して、あす夜には九州から近畿の太平洋側に接近または上陸するおそれがある。
  • 大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意してほしい。

あすにかけて 令和初の台風発生か

あすにかけて 令和初の台風発生か

沖縄の南を北上中の熱帯低気圧は、あすにかけて発達を続けながら北上して台風になる可能性が高くなってきた。あす夜には、西日本の太平洋側に上陸するおそれも。

熱帯低気圧から台風3号へ

最新の気象データから、沖縄の南を北上中の熱帯低気圧が台風に変わる可能性が高くなってきました。今夜には沖縄本島地方に接近し、あす(27日)未明には最大風速が18メートル以上の台風になりそうです。今年の台風は、1月に1号、2月に2号が発生していて、今度の発生する台風は3号になります。令和初です。
台風(現在は熱帯低気圧)は、勢力を維持したまま沖縄の東から奄美地方を北上して、あす夜には九州から近畿の太平洋側に接近または上陸するおそれがあります。
梅雨前線に向かって高気圧の縁をまわる暖かく湿った空気が流れこむため、南西諸島ではあす朝にかけて、九州から近畿では太平洋側を中心にあす日中から夜にかけて、大気の状態が不安定になるおそれがあります。不安定な大気は、雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨の降らせることがあります。

雨量が多くなる所

あすにかけて 令和初の台風発生か

南寄りの風が直接吹き付ける太平洋側の南東斜面を中心に雨量の多くなる所があると見込まれています。これからあす(27日)午前6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で九州南部は250ミリ、沖縄地方は180ミリ、奄美地方と四国地方で150ミリ。また、あさって(28日)午前6時までに予想される雨量は、多い所で四国地方が200ミリから300ミリ、九州南部で100ミリから200ミリ、奄美地方で50ミリから100ミリです。
大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意しなければなりません。発達した積乱雲が近づくときは「日中なら急に暗くなる」「急に涼しい風が吹く」「雷鳴が聞こえる」などのサインがあります。いち早く頑丈な建物に避難しましょう。

強風や高波に注意

あすにかけて 令和初の台風発生か

梅雨前線の周辺や熱帯低気圧または台風の接近、通過する地域では強風や海上ではうねりを伴った高波にも注意が必要になるでしょう。あすにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速は)、奄美地方、九州南部で18メートル(30メートル)、四国地方で18メートル(25メートル)、沖縄地方で15メートル(23メートル)。あすにかけて予想される波の高さは、沖縄、奄美、九州南部、四国地方で4メートルとなっています。これらの地域では、海岸には近づかないようご注意下さい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年6月26日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。