九州北部豪雨から2年 西日本豪雨から1年

九州北部豪雨から2年 西日本豪雨から1年
       

九州北部豪雨から2年 西日本豪雨から1年の画像はこちら >>

一昨年7月5日の九州北部豪から2年が経ちました。この豪雨では、福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市を中心に大規模な土砂災害や河川の氾濫などが発生しました。また、昨年の西日本豪雨からは1年を迎えます。この豪雨では、西日本を中心とした広域で記録的な雨量となり、7月6日から8日にかけて11府県に大雨特別警報が発表されました。
今週は九州南部を中心に記録的大雨が降るなど近年、大雨災害が相次いで発生しています。九州北部豪雨、西日本豪雨の雨の降り方を振り返るとともに、豪雨への備えを考えてみましょう。

九州北部豪雨 せまい範囲に短時間に集中的な大雨

九州北部豪雨から2年 西日本豪雨から1年

2年前の九州北部豪雨は、約9時間のうちに大量の雨が降ったというのが大きな特徴です。
当日の福岡県朝倉市のアメダスで観測された雨量を見ると、当日の午前中はほとんど雨が降っていなかったのですが、正午ごろから急激に雨が激しくなり、午後4時までの1時間に106ミリの猛烈な雨を観測。午後9時ごろにかけて激しい雨が続き、その後、雨は弱まりました。
正午から午後9時までの雨量は489.5ミリ。これは、朝倉市における平年の年間降水量の26%にも当たります。1年に降る雨の約4分の1もの雨が、9時間で降ったことになるのです。

西日本豪雨 広い範囲に長期間くり返し激しい雨

九州北部豪雨から2年 西日本豪雨から1年

昨年の西日本豪雨は、九州北部豪雨とは対照的に広い範囲に長期間にわたってくり返し激しい雨が降ったのが特徴です。
西日本豪雨の期間(昨年6月28日~7月8日)の、岡山県鏡野町恩原、広島県安芸太田町内黒山、愛媛県西条市成就社のアメダスで観測された雨量を見ると、いずれの地点も最も雨が強い時でも1時間で30ミリ前後となっており、特別に多いわけではありません。しかし、この期間にくり返し激しい雨が降り、総雨量がいずれも記録的な多さになりました。西日本豪雨では、48時間、72時間といった比較的長い時間の雨量が過去最高を更新したところが非常に多くなりました。


あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天気」に関する記事

「天気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気」の記事

次に読みたい「天気」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。