14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も

14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も
拡大する(全4枚)

14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨もの画像はこちら >>

14日(日)は、九州南部では滝のような雨、九州北部や四国の太平洋側も激しい雨が降る所がある。土砂災害などに警戒。中国地方から北海道も曇りや雨。

14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も

14日(日)は、梅雨前線が、大陸から九州を通って、さらに本州の南岸に延びています。前線上の二つの低気圧は、それぞれ東へ進むでしょう。前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。
北日本は、気圧の谷や東海上から流れ込む湿った空気の影響を受けるでしょう。

九州・四国 大雨の恐れ

14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も

前線上の低気圧が、昼過ぎにかけて九州付近を通過する見込みです。
九州南部は、昼頃まで雷を伴って非常に激しい雨が降る所があるでしょう。15日(月)午前6時までに予想される雨量は、多い所で1時間に50ミリです。滝のような雨で、車の運転は危険です。
九州北部も昼頃にかけて雨や雷雨で、熊本県では、雨が激しく降る所があるでしょう。15日午前6時までに予想される雨量は、多い所で1時間に40ミリです。
四国は、雨が降ったり止んだりでしょう。夕方まで所々で雷が鳴り、太平洋側を中心に激しい雨が降る見込みです。夕方にかけて予想される雨量は、多い所で1時間に太平洋側40ミリ、瀬戸内側30ミリです。

14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も

九州や四国では、局地的に大雨の恐れがあります。土砂災害などに警戒して下さい。
1時間に40ミリ前後の雨が降ると、側溝があふれたり、道路が川のようになったりすることがあります。車の運転はブレーキが利かなくなるハイドロプレーニング現象が起こることがありますので、十分にご注意下さい。


この記事の画像

「14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も」の画像1 「14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も」の画像2 「14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も」の画像3 「14日 梅雨前線上を低気圧が東進 滝のような雨も」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク