19日 台風プラス梅雨前線 大雨のおそれ

19日 台風プラス梅雨前線 大雨のおそれ

きょう19日(金)は、大型の台風5号が東シナ海を北上。梅雨前線は本州付近に停滞。台風周辺の暖かく湿った空気が大量に送り込まれ、前線の活動がさらに活発に。沖縄や西日本、東日本は、あす20日(土)にかけて大雨のおそれがある。西日本は、あさって21日(日)にかけて大雨が長引く。

台風の影響 沖縄 荒れた天気

19日 台風プラス梅雨前線 大雨のおそれ

大型の台風5号は、きょう19日(金)午前6時現在、東シナ海にあって、1時間におよそ20キロのスピードで北へ進んでいます。動きが比較的ゆっくりです。台風は今後、東シナ海を北上し、あす20日(土)夜には朝鮮半島付近へ進むでしょう。また、南シナ海の熱帯低気圧が北東へ進み、きょう19日(金)の夜に先島諸島(石垣島や宮古島)に接近する見込みです。
沖縄では、あさって21日(日)にかけて台風や熱帯低気圧周辺の湿った空気が流れ込み、大雨になるおそれがあります。また、海上を中心に風が非常に強く、うねりを伴って大しけの状態が続くでしょう。

台風プラス梅雨前線の影響 本州で大雨

19日 台風プラス梅雨前線 大雨のおそれ

台風5号の北上に伴って、梅雨前線は本州付近に停滞する見込みです。前線の南側では、台風周辺の熱帯育ちの暖湿な空気が送り込まれるため、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。沖縄や九州から四国、北陸、東海では、あす20日(土)にかけて大雨となるおそれがあります。
予想される24時間の雨の量は、九州北部の多い所で200ミリになっています。九州北部ではきのう19日(金)からの降り始めから、すでに100ミリを超えている所があり、四国では200ミリを超えている所があります。あさって21日(日)にかけては、九州や四国では総雨量が500ミリを超える所もあり、平年の7月ひと月のおよそ2倍の雨がきのう19日(金)からの3日間で降ってしまうおそれがあります。土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年7月19日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。