週間 週末は台風と前線の影響 週明けの天気

週間 週末は台風と前線の影響 週明けの天気

大型の台風5号は、東シナ海を北上し、あさって21日(日)には朝鮮半島付近に進む。また、梅雨前線が本州付近に停滞する。台風と前線は今後どのように影響するのか。最新の情報をチェック。

海のレジャーは避けて

大型の台風5号は、きょう19日(金)午前9時現在、東シナ海を北上しています。沖縄では海上を中心に最大で20メートルの風が吹き、瞬間的には30メートルの非常に強い風が吹くでしょう。何かにつかまっていないと立っていられないくらいで、看板などが落下するほどの非常に強い風です。
また、海ではうねりを伴って大しけとなっています。
九州北部でも、あす20日(土)は、風が非常に強く吹き荒れ、大しけの状態が続く見込みです。
海のレジャーは、とても危険です。できるだけ避けた方が良さそうです。また、台風が去った後も、波の高い状態が続きます。海へお出かけされる方は、十分ご注意ください。

西日本 あさって(日)まで大雨続く

週間 週末は台風と前線の影響 週明けの天気

太平洋高気圧からの暖かく湿った空気に加え、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、西日本では大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。特に、九州や四国では、あさって21日(日)にかけて、大雨が長引くおそれがあります。
四国ではきょう19日(金)午前11時までの24時間雨量が、すでに200ミリを超えている所があります。また、山口県長崎県など九州北部でも150ミリを超えている所があります。あす20日(土)午前6時までの24時間降水量は、多い所で九州北部では200ミリ、九州南部で180ミリ、四国、沖縄で150ミリとなっています。さらに、あさって(日)午前6時までの24時間で、四国、九州北部、九州南部では200~300ミリが予想されています。よりいっそう土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年7月19日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。