台風は朝鮮半島へ上陸か 西日本で大雨警戒、東日本は湿度高くムシムシ

記事まとめ

  • 台風5号は20日夜には朝鮮半島に進む見込みだ。
  • 台風の進行方向の右側にあたる九州など西日本を中心に大雨に警戒が必要。
  • 東日本や北日本は日中は気温が上昇するため、大気の状態が不安定になる。

台風は朝鮮半島へ上陸か 西日本で大雨警戒

台風は朝鮮半島へ上陸か 西日本で大雨警戒

台風5号はこのあと今夜には朝鮮半島に進む見込みです。台風の進行方向の右側にあたる九州など西日本を中心に大雨に警戒が必要です。

台風5号は朝鮮半島へ 日本付近にも影響続く

台風は朝鮮半島へ上陸か 西日本で大雨警戒

きょう20日(土)午前6時現在、台風5号は朝鮮半島の西にあって、1時間におよそ25キロの速さで北上しています。このあと今夜には朝鮮半島へ上陸する見込みです。台風の進行方向の右側にあたる九州では風と雨が強まりそうです。特に台風に近い九州北部では非常に強い風が吹いて、海は大しけとなるでしょう。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹きますので、不要不急の外出は避けたい所ですが、避難する際には、飛来物がないかどうか、周囲の状況をよく確認して行動してください。

1時間に80ミリの猛烈な雨も 土砂災害に厳重警戒

西日本では台風周辺や太平洋高気圧からの暖かく湿った空気の流れ込みが続き、大雨になるでしょう。あす21日(日)午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、九州北部で180ミリ、九州南部と四国地方で150ミリの予想です。きょう20日(土)からあす21日(日)にかけてさらに雨の量が増える所がありそうです。長崎では多い所で1時間に80ミリもの猛烈な雨の降る所があるでしょう。息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感じるような強さの雨です。土砂災害の危険が非常に高まっている地域もありますので、自治体から発表される情報をよく確認し、早めの避難を心がけるようにしてください。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2019年7月20日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。