7日は寒気南下 朝晩で15度の差が出るところも

記事まとめ

  • 7日は、雪を降らせるほどの寒気が東北北部まで南下する。
  • 青森と山形で「初霜」、山形では「初氷」が観測された。
  • 朝晩と日中の気温差が15度以上になるところもある。

7日 師走並みの寒気南下 北国は雪に

       

7日 師走並みの寒気南下 北国は雪に

7日は、を降らせるほどの寒気が東北北部まで南下。北海道を中心に夜は雪に。一方、関東から九州では太平洋側を中心に晴れて日中は過ごしやすい陽気になりそう。ただ、朝晩と日中の気温差が大きくなるため服装に注意。

今朝 全国の8割で10度以下 初霜・初氷の便りも

きょう(7日)もグッと冷え込んだ朝となりました。午前6時までの最低気温は、全国のアメダスのおよそ8割で10度以下でした。北海道の陸別町や標茶町では氷点下8度くらいまで下がり、富士山と同じくらいの冷え込みになりました。また青森と山形では今シーズンこれまでで一番の冷え込みとなり「初霜」が観測、山形ではさらに「初氷」も観測されました。都心では3日連続で、朝の最低気温が10度を下回るなど、各地で冷え込みました。

師走並みの寒気がグッと南下 北国は雪が降る

7日 師走並みの寒気南下 北国は雪に

きょう(7日)は低気圧や前線が北日本を通過するでしょう。今夜は北日本の上空1500メートル付近には師走並みの寒気がグッと南下してきます。雪を降らせる目安となる寒気(-6度以下)は東北北部まで流れ込むでしょう。北海道では昼頃から北部や標高の高い所では雪が降り出し、積雪となる所もありそうです。平野部は降り出しは雨の所が多いですが、夜は雪に変わる所もあるでしょう。きのう(6日)の旭川の初雪に続き、新たな初雪の便りもありそうです。東北も北部を中心に昼頃から雨が降るでしょう。南部は日中は大体晴れますが、次第に天気が下り坂となりそうです。北陸や近畿北部、山陰は夜は所々で冷たい雨が降るでしょう。一方、関東から九州は太平洋側を中心に乾いた空気に覆われて、おおむね晴れる見込みです。沖縄は昼過ぎまで晴れますが、次第に天気は下り坂です。夜遅くには雨で、局地的に激しく降りそうです。

朝晩と日中の気温差 15度以上も

朝の最低気温が10度を下回った所も、日中は気温が上がるでしょう。最高気温は東北から九州にかけて20度前後まで上がる所が多くなりそうです。ただ、夕方以降も再び冷えて日中との気温の差が大きくなるでしょう。15度以上の気温差になる所もありそうです。日中は上着がいらないほどの所でも、夜はグッと冷え込みますので、風邪をひかないよう服装にご注意ください。

あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。