宇宙からみた 2016年台風第10号

宇宙からみた 2016年台風第10号
拡大する(全5枚)

【宇宙からみた気象現象シリーズ第四弾】 2016年8月30日に岩手県に上陸した台風第10号についてリポートします。台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、1951年の統計開始以来初めてでした。この影響で岩手県では記録的な大雨となりました。JAXAのGSMaPやアメダス・日降水量のデータを用いて、台風第10号の異例の進路や雨・風の状況をまとめました。

宇宙からみた 2016年台風第10号の画像はこちら >>

図1 実況天気図(2016年8月30日18時)


統計開始以来初めて東北地方の太平洋側に上陸

図2は、台風第10号の経路図です。経路上の○印は傍らに記した日の午前9時、●印は午後9時の位置で→|は消滅を示します。経路の実線は台風、破線は熱帯低気圧・温帯低気圧の期間を示します。
2016年の台風第10号は、日本の南の海上を西に進んでいた熱帯低気圧が発達して、8月21日21時に台風になりました。その後、8月25日にかけて日本の南の海上を発達しながら非常に強い勢力となって南西に進みました。8月26日には偏西風の影響で進路を東よりに変え、8月29日にかけて非常に強い勢力を保ったまま、太平洋高気圧の縁に沿うように北東に進みました。8月29日にはオホーツク海から張り出す高気圧の影響で進路を西よりに変え、8月30日にかけて勢力を弱めながらも暴風域を伴ったまま北西に進み、8月30日の17時半頃に岩手県大船渡市付近に上陸しました。
台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、1951年の統計開始以来初めてでした。


この記事の画像

「宇宙からみた 2016年台風第10号」の画像1 「宇宙からみた 2016年台風第10号」の画像2 「宇宙からみた 2016年台風第10号」の画像3 「宇宙からみた 2016年台風第10号」の画像4
「宇宙からみた 2016年台風第10号」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク