宇宙からみた 中国・近畿地方の大雪

       

宇宙からみた気象現象シリーズ第七弾では、今年の2月、山陰や近畿北部を中心に大雪となった事例について解説します。2月10日、数年に一度の非常に強い寒気が西日本の上空に流れ込み、中国山地を中心に雪雲がかかり続けて大雪になりました。ひまわり8号による高解像度の気象衛星画像と、JAXAの全球降水観測計画(GPM)主衛星搭載の二周波降水レーダ(DPR)による立体降水分布で、宇宙からこの気象現象を見てみましょう。

宇宙からみた 中国・近畿地方の大雪

2017年2月11日15時 強烈な寒気に覆われた日本付近の雲・降水の様子(JAXA GPM/DPR)


関東の雪の後は、中国・近畿地方で大雪に!

2月9日(木)、東京都心でも雪が舞ったことを覚えていますか?
立春を過ぎても2月上旬はまだまだ寒く、この日は日本の太平洋南岸を進む低気圧(通称:南岸低気圧)の影響で太平洋側でも雪が舞い、茨城県水戸市では積雪12cmを記録しました。
南岸低気圧が通過すると、西から冬型の気圧配置になることが多く、日本海側は荒れた天気となり、大雪や暴風などへの注意・警戒が必要になります。
2月9日の南岸低気圧が日本の東へ離れた後、10日(金)から11日(土)にかけて、日本付近は強い寒気を伴った冬型の気圧配置になりました。日本海から発達した雪雲が次から次へと中国山地にかかったため、山陰や近畿北部を中心に記録的な大雪になりました。
鳥取県鳥取市では、9日時点で積雪0cmだったにも関わらず、その翌日10日の24時間で降った雪の量は65cmで、1953年の統計開始以来1位の降雪記録となりました。この2日間だけでも、普段から積雪の多い鳥取県の大山で110cm、兵庫県の兎和野高原で104cmの降雪がありました。雪に慣れている地域でも、これだけの大雪となれば、除雪作業中の事故や、車の立ち往生などの交通障害が発生する結果となりました。


あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。