大晦日から冬の嵐 40メートルの暴風警戒 極寒列島

       

大晦日から冬の嵐 40メートルの暴風警戒 極寒列島

大晦日から冬型の気圧配置が強まり、冬の嵐になるでしょう。北海道や東北の日本海側は猛吹に警戒を。太平洋側も冷たい北風が吹き付けて、厳しい寒さになりそうです。

冬の嵐に

大晦日から冬の嵐 40メートルの暴風警戒 極寒列島

大晦日は北海道の北で低気圧が発達。元日にかけて日本付近は冬型の気圧配置が強まるでしょう。等圧線の間隔が込み合い、全国的に季節風が強まりそうです。特に、北海道や東北の日本海側では暴風雪に警戒が必要です。北陸の上空1500メートル付近には今季これまでで一番強いマイナス12度以下の強い寒気が流れ込むでしょう。日本海側は雪が強まり、太平洋側も厳しい寒さになりそうです。
2日以降も冬型の気圧配置が続き、強弱を繰り返しながら寒気が流れ込む予想です。

各地の警戒・注意ポイント

【北海道・東北】日本海側は雪が降り、積雪が増えるでしょう。特に大晦日から元日は暴風が吹き荒れ、猛吹雪となる恐れがあります。瞬間的には40メートルと道路標識が傾くほどの風が予想されます。交通機関が乱れる可能性があり、警戒が必要です。見通しが悪くなり、車の運転が危険になることも予想されます。お出かけの予定がある方は最新の気象情報、交通情報に注意し、予定の変更も視野に入れて下さい。
【北陸】大晦日から元日は山沿いを中心に雪が強まるでしょう。これまで積雪のない平地でも積雪となる所がありそうです。車の運転は路面状況の変化にご注意下さい。季節風も強まって横風に流されやすくなりますので、注意が必要です。
【関東】大晦日から冬晴れが続きますが、気温の変化に要注意です。大晦日の最高気温は15度を超える所が多いですが、午後は冷たい北風が吹き付けて、気温が急降下しそうです。元旦も厳しい冷え込みとなりますので、初日の出や初詣はしっかりと寒さ対策をしてお出かけ下さい。
【近畿北部から山陰】冬型の気圧配置が強まる大晦日と5日は平地でも所々で雪が降るでしょう。路面の凍結や積雪に注意が必要です。朝晩の冷え込みは厳しく、日中も震えるような寒さでしょう。
【東海から九州】大晦日から晴れる日が多くなるでしょう。初日の出も期待できそうです。大晦日の最高気温はこの時期として高めですが、午後は寒気が流れ込み、一気に寒くなりそうです。油断せずに万全な寒さ対策をして下さい。元日からは朝晩は厳しい冷え込みとなり、日中もお正月らしく空気が冷たいでしょう。
【沖縄】大晦日は雨が降るでしょう。北風も強まり、薄着ではひんやりしそうです。元日から晴れ間がでますが、風のやや強い状態は続くでしょう。
【山】ご来光を拝みに登山を計画されている方もいらっしゃると思いますが、大晦日から元日は大荒れの天気となりそうです。予定変更も視野に、無理のないようにして下さい。

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。