30日は広く天気が崩れる 日本海側は今夜から落雷・突風注意

記事まとめ

  • 30日は前線や低気圧の影響で全国的に天気が崩れる。
  • 日本海側は今夜から大気の状態が不安定になる。
  • あすの昼前にかけて落雷や突風、ひょうに注意してほしい。

30日 広く雨 日本海側は今夜から落雷・突風注意

30日 広く雨 日本海側は今夜から落雷・突風注意

30日は前線や低気圧が日本付近を東に進むため、全国的に天気が崩れるでしょう。北海道や東北の日本海側は今夜から大気の状態が不安定になります。落雷や突風、ひょうにご注意ください。

全国的に

30日 広く雨 日本海側は今夜から落雷・突風注意

きょう30日は、前線や低気圧が日本付近を東に進むため、全国的に天気が崩れるでしょう。沖縄は雨や雷雨で、局地的に激しく降る見込みです。九州から関東と東北の太平洋側は、次第に広い範囲に雨雲がかかり、昼過ぎまで雨の降る所が多いでしょう。東北の日本海側は、午前中は日の差す所が多いものの、午後は次第に雲が広がる見込みです。北海道も次第に雨が降り、夜は雪の所が多いでしょう。今夜から北陸と東北・北海道の日本海側は大気の状態が不安定になります。あすの昼前にかけて落雷や突風、ひょうに注意が必要です。

最高気温 関東は10度届かず真冬並み

今朝の気温は、関東から九州、沖縄にかけてきのうの朝よりも気温の高い所が多くなっています。福岡や長崎など、きのうの同じ時間と比べると10度前後高い所もあります。きょう日中の最高気温は、北海道や東北、北陸と近畿から九州にかけてきのうより5度前後高く、平年を上回る所が多いでしょう。北海道ではきのうは真冬日(最高気温が0度以下)の所が多かったものの、きょうは一転して真冬日の所はほとんどなく、日中はプラスの気温になりそうです。ただ、朝と日中との気温差が大きいでしょう。近畿から九州は朝から気温が高めで15度以上の所が多い見込みです。一方、関東は日中はほとんど気温が上がらず、日中は真冬並みの寒さになりそうです。雨も降るため、傘を持つ手がかじかむほどでしょう。マフラーや手袋などで寒さ対策を万全にしてお出かけください。

あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。