1日は北日本は冬の嵐続く 寒い元日に

記事まとめ

  • 1日は日本海側は雪や雨が降り、北海道と東北は冬の嵐に。
  • 猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒してほしい。
  • 冷たい北または西よりの風が吹いて寒い一日となる。

1日 北日本は冬の嵐続く 全国的に寒い元日に

       

1日 北日本は冬の嵐続く 全国的に寒い元日に

2020年のスタートは、日本海側はや雨が降り、北海道と東北は冬の嵐に。冷たい季節風が吹いて、お正月らしい寒さの所が多くなりそうです。

北海道・東北 猛吹雪や暴風が続く

1日 北日本は冬の嵐続く 全国的に寒い元日に

きょう(1日)も日本付近は冬型の気圧配置が続くでしょう。北海道と東北は日本海側を中心に雪が降り、風の強い状態が続きます。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒して下さい。北陸も断続的に冷たい雨や雪が降るでしょう。
北海道や東北北部では、瞬間的には25メートル~30メートルの非常に強い風が吹き、何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹くでしょう。波も高く、しけの状態が続きます。また広い範囲で大雪となる見込みです。北海道の日本海側はあすの朝にかけて多い所では、さらに30センチの降雪が予想されています。車の運転などは見通しがきかなることも考えられます。外出される際は十分に注意して下さい。

関東以西 太平洋側は乾燥した晴天

関東から九州の太平洋側は、おおむね晴れるでしょう。一方、日本海側は雲が広がりやすく、近畿北部や山陰ではにわか雨やにわか雪がありそうです。沖縄は雲が多めながらも日が差すでしょう。
きょうは防寒対策必須!
冷たい北または西よりの風が吹いて寒い一日となりそうです。関東は記録的に暖かかった大晦日から一転して、厳しい寒さになります。最高気温は、10度前後までしか上がらない所が多いでしょう。空気の乾いた状態が続きますので、火の元にもお気をつけ下さい。

都心 初日の出

1日 北日本は冬の嵐続く 全国的に寒い元日に

けさの関東南部は、寒気と風がぶつかることによって下層ほど雲が広がっています。都内から見る空も地平線付近には厚い雲がかかっています。写真は東京都豊島区のサンシャイン60から日の出の時間(6:50)に撮影したものです。都心からは残念ながら日の出の瞬間を見ることができませんでした。
今年の初日の出は特別な思いで見た方も多いと思います。地平線から広がる太陽の光にそれぞれ思いを込め、良い1年のスタートをお迎え下さい。

あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。