安曇野 色とりどりの花菖蒲が咲き始め

安曇野 色とりどりの花菖蒲が咲き始め
       

安曇野の梅雨シーズンを彩る『花菖蒲(ハナショウブ)』が咲き始めました。昨年よりも遅いスタートで、色とりどりの花菖蒲が6月いっぱい楽しめます。『信州安曇野あやめまつり』も6月19日まで開催され、安曇野は梅雨空に負けずと活気に満ちています。この先の安曇野市周辺の天気は、晴れる日の方が多くなりそうです。ただ、梅雨時期は前線の影響で天気が変わりやすいため、折りたたみの傘をお守りがわりにお出かけください。

安曇野 色とりどりの花菖蒲が咲き始めの画像はこちら >>

色とりどりの花菖蒲(ハナショウブ)が楽しめる安曇野市(安曇野市観光協会提供)


梅雨空もなんのその!色とりどりの美しい花菖蒲in安曇野

安曇野では、やっと夏が来た!と感じはじめると、いつの間にか梅雨入りです。安曇野の梅雨シーズンに、地上を彩るのが『花菖蒲(ハナショウブ)』。花の色は、紫や青、白など様々で、模様も含めると多種多様、その鮮やかさは人々を惹きつける力があります。
安曇野市明科にある あやめ公園と龍門渕公園(りゅうもんぶちこうえん)では、毎年6月に色とりどりの花菖蒲(ハナショウブ)が咲き誇ります。しかも、この時季なら未だ残雪の北アルプスを背景に、一斉に咲き揃った花菖蒲を写真に収めることも可能に!梅雨空で沈みがちな私たちの心を楽しませてくれます。

安曇野 色とりどりの花菖蒲が咲き始め

残雪の北アルプスを背景に、あやめ公園の花菖蒲(ハナショウブ)(安曇野市観光協会提供)


花菖蒲とアヤメ・・・どう違うの?

初夏の花として間違いやすい「アヤメ」「カキツバタ」「花菖蒲(ハナショウブ)」・・・正確に見分けられる方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
どれもアヤメ科アヤメ属の花ですが、一般に「アヤメ」と「カキツバタ」は5月、「花菖蒲(ハナショウブ)」は6月が開花シーズンです。簡易的な見分け方として花びらの付け根を見ると、「アヤメ」は網目模様、「カキツバタ」は白い一本筋、「花菖蒲(ハナショウブ)」は、黄色の模様が入っています。(そのほか、生育地や葉の形でも見分けられます)
実は「花菖蒲(ハナショウブ)」も「あやめ」と呼ばれる習慣があり、特徴をよく知らないと見分けるのは難しそうです。ちなみに・・・「菖蒲(ショウブ)」と「花菖蒲(ハナショウブ)」も名前は似ていますが、全く違う植物です。
※菖蒲湯などに使われる菖蒲(ショウブ)はショウブ目ショウブ科ショウブ属、一方花として楽しまれている花菖蒲(ハナショウブ)はキジカクシ目アヤメ科アヤメ属です。


tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。