1か月予報 記録的な暖冬の後は 春の訪れも早い

1か月予報 記録的な暖冬の後は 春の訪れも早い

気象庁は「1か月予報」を発表。3月初めにかけて、全国的に気温は平年より高い予想。記録的な暖冬の後は、春の訪れが早く、桜の開花も平年より早まりそうです。

暖冬 のち 早い春

気象庁が、6日木曜に発表した「1か月予報」によりますと、この先1か月、日本付近は冬型の気圧配置は長続きせず、寒気が南下しにくいでしょう。このため、向こう1か月の気温は、全国的に平年より高くなりそうです。また、期間の前半は気温がかなり高くなる見込みです。2月12日頃からは全国的に「かなりの高温」が予想され、北海道から沖縄にかけて「高温に関する早期天候情報」も発表されています。
この冬を振り返ると、2019年12月の気温は、東・西日本でかなり高く、沖縄・奄美で高くなりました。年が明けても暖冬傾向が続き、2020年1月の気温は、東・西日本では記録的な高温となりました。そして、この先1か月も、全国的に気温が高いということで、2019年~2020年の冬は、記録的な冬になりそうです。
また、気象庁では3月~5月を「春」としていますが、3月に入っても全国的に高温傾向が続くため、春の訪れも早いでしょう。この暖かさで、桜の開花も平年より早い所が多くなりそうです。

日本海側 雪不足の解消ならず

一方、この先1か月、日本海側の降雪量は平年より少ないでしょう。スキー場など、雪不足の所では、まとまった雪は期待できそうにありません。1か月の日本海側の降水量は、北日本は平年並みか少なく、東日本はほぼ平年並み、西日本は平年並みか多い予想ですが、「気温が高い」のがポイント。なので、降るものがあっても、雪ではなく雨になる所が多いでしょう。この冬は、記録的な暖冬だけでなく、記憶にも残る暖冬になりそうです。


あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。