6月まとめ 記録的大雨も 7月は?

6月まとめ 記録的大雨も 7月は?
       

6月前半は梅雨入りしたものの雨は少なくなりました。6月後半は梅雨前線が本州付近に延び、記録的な大雨となった所もありました。7月は太平洋高気圧が勢力を強め、梅雨前線が北上。大雨に警戒が必要なエリアが変わってきそうです。6月の天候と7月の見通しをまとめました。

6月まとめ 記録的大雨も 7月は?の画像はこちら >>


◆少雨のち梅雨空 記録的大雨も

6月6日に九州で、7日には四国、中国から関東甲信で一斉に梅雨入りしました。梅雨入りしたものの、6月前半は九州から関東では、しばらく雨の少ない状態が続いていました。日本の上空には北から寒気が流れ込みやすく、梅雨前線がなかなか北上できずに、日本の南の海上に停滞することが多かったためです。沖縄では梅雨の最盛期をむかえ、まとまった雨となる日が多くなりました。北日本では寒気の影響を受けて、度々雨や雷雨に見舞われました。
6月後半には次第に梅雨前線が本州付近まで北上し、九州から関東も梅雨空の日が多くなりました。前線の活動が活発化し、記録的な大雨となった日もありました。20日から21日かけては太平洋側を中心に活発な雨雲がかかりました。和歌山県古座川町では1時間に84.5ミリ、白浜町では1時間に89.5ミリの猛烈な雨が降り、観測史上1位を記録しました。古座川町では降り始めからの雨量が400ミリを超え、6月としては最多となりました。風も強まり、高知県の室戸岬では最大瞬間風速34.2メートルを観測。関東でも雨や風が強まり、傘があおられてしまうほどの荒れた天気となりました。21日には北陸や東北も雨が降り、梅雨入りとなった一方で、沖縄は22日に、奄美は29日に梅雨明けし、一足早く夏本番を迎えています。
29日から30日かけては活発な梅雨前線が西日本付近を北上し、九州北部や中国地方にも活発な雨雲がかかりました。29日夜に長崎県壱岐市で1時間に120ミリの猛烈な雨が降り、24時間雨量は400ミリを超え、観測史上1位の雨量となりました。広島市でも3時間に87.5ミリの雨が降り、観測史上1位の記録となりました。


当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。