寒気ピークへ 日本海側の雪強まる 関東も冷たい風

寒気ピークへ 日本海側の雪強まる 関東も冷たい風

日本付近に西回りで流れ込んでいる寒気のピークは、18日(火)朝にかけて。山陰から北陸付近では雷が鳴り、が強まるでしょう。関東も冷たい西または北風が吹く見込みです。

18日(火)にかけて 山陰付近に強い寒気南下

寒気ピークへ 日本海側の雪強まる 関東も冷たい風

18日(火)朝にかけて、日本海北部の低気圧は津軽海峡付近に進み、日本付近は冬型の気圧配置が強まります。上空5500メートル付近で-33度以下の寒気が山陰付近まで南下するでしょう。松江の上空でマイナス33度以下となれば、今季最も強い寒気です。山陰から北陸にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

九州や四国 雪雲の流れ込み続く

九州には、東シナ海から雪雲の流れ込みが続き、雪雲は四国にもかかるでしょう。九州北部では17日夜遅くにかけて、雪を伴った暴風に警戒が必要です。沿岸の地域を中心に瞬間的に30メートルの風が予想されます。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風です。
九州や四国では、18日明け方にかけて雪が降る見込みです。カミナリが鳴り、雪の降り方が強まる所もあるでしょう。平地でも積雪となる所がある見込みです。積雪や凍結で、路面状況が変わります。車の運転は冬の装備を必ず行ってください。
18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、九州北部地方20センチ、九州南部10センチ、四国地方25センチです。

山陰~北陸 雪雲発達 竜巻など突風の恐れも

中国地方、近畿、北陸では、18日にかけて大雪の恐れがあります。特に山陰や近畿北部、北陸では、日本海で発達した雪雲がかかる見込みです。カミナリが鳴り、雪の降り方が強まることがあるでしょう。竜巻など激しい突風が発生する恐れもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など安全な場所に移動してください。
18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、中国地方40センチ、近畿地方50センチ、北陸地方60センチです。北陸地方では18日にかけて瞬間的に30メートルの風が予想されます。


あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。