関東甲信 空気カラカラ 甲府で湿度17パーセント
拡大する(全3枚)

関東甲信 空気カラカラ 甲府で湿度17パーセントの画像はこちら >>

28日、関東甲信地方の所々で最小湿度が30パーセント未満に。空気が乾燥すると、花粉が飛散しやすくなったり、のどの粘膜の防御能力が低下して風邪などの感染症にかかりやすくなると言われています。空気の乾燥にご注意ください。

関東甲信地方で最小湿度が30パーセント未満 空気乾燥

28日、本州付近は高気圧に覆われ、関東甲信地方を中心に空気が乾燥しています。
28日午後3時までの最小湿度は、山梨県甲府市で17パーセントと、全国の観測点で最も低くなりました。また、東京都心の最小湿度は24パーセントと、2日連続で25パーセント以下を観測しました。
そのほかの関東甲信地方各地の最小湿度は以下の通りです。
<関東甲信地方 28日の最小湿度>(28日午後3時まで)
茨城県水戸市 26パーセント
栃木県宇都宮市 30パーセント
群馬県前橋市 32パーセント
埼玉県秩父市 23パーセント
千葉県館山市 25パーセント
神奈川県横浜市 31パーセント
長野県飯田市 23パーセント
28日午後4時現在も、関東甲信地方では、乾燥注意報が発表されている地域が多くなっています。火の取り扱いには注意してください。

【乾燥しているときに注意したいこと①】花粉の飛散に注意!

関東甲信 空気カラカラ 甲府で湿度17パーセント

まだまだ空気が乾燥しやすい日が多い季節です。空気が乾燥している日は、火の元以外にも気を付けたいことがいくつかあります。
空気が乾燥している日は、花粉が舞いやすくなります。さらに、
・風が強い日
・気温が高い日
・雨上がり翌日の晴れた日
などの条件が重なると、さらに花粉が飛散しやすくなりますので、花粉症の方は注意が必要です。


この記事の画像

「関東甲信 空気カラカラ 甲府で湿度17パーセント」の画像1 「関東甲信 空気カラカラ 甲府で湿度17パーセント」の画像2 「関東甲信 空気カラカラ 甲府で湿度17パーセント」の画像3