夏の思い出に天空の世界へ 乗鞍高原

8月のスタートは、西日本や東日本を中心に広く蒸し暑くなり、関東地方ではあちらこちらに発達した雲がかかって、激しく雨の降った所がありました。この先も、蒸し暑さが落ち着く日はなかなかなさそうです。子どもたちの夏休みも中盤にさしかかり、もうすぐお盆休みですが、まだ夏の思い出が全然作れていない!という方、多いのではないでしょうか。今回は、満天の星空と、心地の良いひんやり感でトレッキングが楽しめる、気象予報士おすすめスポット「乗鞍高原」をご紹介します。

夏の思い出に天空の世界へ 乗鞍高原

まいめの池と夜空に煌く天の川(のりくら観光協会提供)


夏の思い出1 満天の星空を観察

きょうから8月がスタートし、西日本では日中の気温が35℃を超えて猛暑日となった所が多く、東京都心ではくもり空の下で30℃を超え、蒸し暑くなりました。先月(7月)だけでも東京で25日、大阪で30日の真夏日(最高気温30度以上の日)を観測し、全国的に厳しい暑さになる日が多くなりましたが・・・この暑さ、8月に入ってもまだまだ収まらない見込みです。
毎日続く蒸し暑さにもううんざり!そんな方に、夏の思い出と涼しい気候、両方を叶えるおすすめスポットをご紹介します。
北アルプスの南部、長野県松本市の西端に位置する乗鞍(のりくら)高原は、標高1200mを超える高地にあり、松本市街地からは車で約1時間半の所にあります。
一般的に気温は標高1000m高くなるにつれ、約6度下がりますので、標高の高い高原では、真夏でも日中の気温は25度を下回り、標高2000m付近では20度を下回ることもあります。まさに天然のクーラー!また、湿度も控えめで過ごしやすく、高原の自然豊かな環境は、心も体もリフレッシュできますよね。
乗鞍高原は夏も涼しいだけでなく、周囲に星空を邪魔する灯りがほとんどないため、実は日本有数の天体観測スポットの1つでもあるのです。
高原内にはいくつもの観察スポットがありますが、特にオススメしたいのは、市ノ瀬園地の「まいめの池」周辺です。静かな湖面に、木々も幻想的に映り込み、星空を際立たせます。まいめの池周辺では、定期的に星空の観察会「スターライトツアー」が開催されています。星空観察に適した新月に近い土曜日に開催されるこのツアーでは、地元の星空ガイドさんや写真撮影講師による解説・アドバイスが受けられるため、子どもも大人も楽しめそう!
この時期は、天の川が特に綺麗に見えるはずです。肉眼で観察するもよし、星空の写真撮影に挑戦してみるのも良いですね。
夜の高原は想像以上にヒンヤリとしています。8月の夜間は、気温が15℃前後まで下がり、長袖の上着は必須です。しっかり準備をして星空観測に臨みましょう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2017年8月1日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら