6月1日は気象記念日 晴天の下で例祭

6月1日は気象記念日 晴天の下で例祭

きょう6月1日は気象記念日です。私たちは日本で唯一の気象神社で執り行われる例祭に参加し、「局地的な豪の少ない、安定した天候」を祈願してまいりました。気象神社とは?例祭とは?詳しくリポートします。

なぜ6月1日が気象記念日なの?【気象業務の歴史】

きょう6月1日は気象記念日!明治政府の内務省地理寮量地課が、1875 (明治8)年6月1日に東京気象台を設置し、気象と地震の観測をはじめたことから、これを記念して1942 (昭和17)年に「毎年6月1日は気象記念日」として制定されました。
東京気象台が創立してから、約8年後の1883(明治16)年に日本で初めて天気図が作られ、その翌年から毎日3回の全国の天気予報がはじまりました。
初めての天気予報は「全国一般風ノ向キハ定リナシ天気ハ変リ易シ但シ雨天勝チ」という日本全国の予想をたった一つの文で表現するもので、東京の派出所などに掲示されたそうです。
このころの天気予報は、見に行かないと分からない貴重なものだったのですね。
1920年代半ばから、新聞で天気図が掲載されはじめ、ラジオによる気象情報の放送がはじまるなど、次第に国民にとって身近なものになりました。
1953(昭和28)年に、テレビでの気象情報の放送が開始されたのも、もう65年前のこと。今では気象業務に民間気象会社も参入し、市区町村ごとのピンポイントな天気予報を、Webサイトやアプリなどで、いつでも知ることができるようになりました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2018年6月1日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。