四国で梅雨入り 平年より5日早く、昨年より26日早い

記事まとめ

  • 31日、高松地方気象台は四国が梅雨入りしたとみられると発表。
  • 平年より5日早く、昨年より26日早い梅雨入り。
  • この先一週間も、四国は曇りや雨で蒸し暑い日が続きそう。

四国 梅雨入り 昨年より26日早い

四国 梅雨入り 昨年より26日早い

きょう31日(日)、高松地方気象台は、四国が梅雨入りしたとみられると発表しました。

きのうの九州南部に続き 四国で梅雨入り

きょう31日(日)、高松地方気象台は、四国が梅雨入りしたとみられると発表しました。
平年(6月5日ごろ)より5日早く、昨年(6月26日ごろ)より26日早い梅雨入りです。
なお、5月に梅雨入りするのは、2013年以来7年ぶりのことです。
※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、この梅雨入りの発表は速報値で、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、確定値を発表しています。
なお、この先一週間も、四国は曇りや雨で、蒸し暑い日が続きそうです。

あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月31日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。