熊本県で500ミリ超の記録的な大雨 ピーク越えても最大級の警戒が必要

記事まとめ

  • 4日の九州は記録的な大雨となり、熊本県水俣市で48時間雨量が500ミリを超える大雨に。
  • 大雨のピークは越えたものの、午前11時現在も大雨特別警報が継続している。
  • 引き続き命を守る行動を意識し、最大級の警戒を。

熊本県で500ミリ超の記録的な大雨 雨のピーク越えても最大級の警戒を

熊本県で500ミリ超の記録的な大雨 雨のピーク越えても最大級の警戒を

きょう(4日)、九州は記録的な大雨となっています。熊本県水俣市で48時間雨量が500ミリを超えて、平年の7月ひと月の雨量の約1.3倍もの大雨になりました。雨は小康状態となっていますが、引き続き最大級の警戒が必要です。

500ミリ超の大雨

きょう(4日)朝にかけて、九州付近には活動が活発な梅雨前線に伴う発達した雨雲がかかり続けました。48時間雨量が熊本県水俣市で513.0ミリに達し、平年の7月ひと月の雨量の約1.3倍もの大雨になりました。
特に、昨夜(3日)から今朝にかけて九州には線状降水帯(列をなした積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過することで作り出される強い降水を伴う雨域)がかかり、記録的な大雨となっています。12時間雨量は熊本県水俣市で415.0ミリ、湯前町の横谷で411.5ミリ、山江村で406.5ミリ、天草市牛深で385.0ミリなどと、広く観測史上1位の値となり、記録的な大雨となりました。たった半日で、平年7月ひと月の雨量に匹敵、または超えるような雨が一気に降り、球磨川が氾濫し、住宅が冠水するなど、大きな被害がでています。
(雨量は全て午前11時までの最大値)

雨のピーク越えても最大級の警戒を

熊本県で500ミリ超の記録的な大雨 雨のピーク越えても最大級の警戒を

午前11時現在は、熊本県や鹿児島県にかかっていた活発な雨雲は南東へ離れ、九州では雨が小康状態になっている所が多くなっています。

熊本県で500ミリ超の記録的な大雨 雨のピーク越えても最大級の警戒を

記録的な大雨のピークは越えましたが、午前11時現在も大雨特別警報が継続しています。警戒レベル5に相当する状況です。球磨川では氾濫が続いている地域があり、他にも増水している河川があります。また、これまでの大雨で、土砂災害の危険度が非常に高くなっている所があります。
引き続き、最大級の警戒が必要です。命を守る行動をとるようにして下さい。 あわてて避難することは危険な場合もあります。道路が冠水している場合など、どうしても屋外に避難することが難しい場合は、斜面とは反対側の2階に移動するなどして下さい。
4日正午、追記:大雨特別警報が4日午前11時50分に警報に切り替わりました。警報に切り替わりましたが、球磨川では氾濫している所があり、そのほかの河川でも増水している河川があります。洪水への一層の警戒が必要です。

あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。