東日本 6月末から日照不足と長雨 今後2週間程度は続く

       

東日本 6月末から日照不足と長雨 今後2週間程度は続く

東日本(関東甲信、東海、北陸)では、6月25日頃から、日照時間が少なく、降水量の多い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物の管理などに、十分な注意が必要です。

日照時間は平年の半分以下も 降水量は平年の3倍も

気象庁は、9日15時「東日本の日照不足と長に関する全般気象情報」を発表しました。
それによりますと、東日本(関東甲信、東海、北陸)では、6月25日頃から、前線や湿った空気の影響で、曇りや雨の日が多くなりました。そのため、日照時間が少なく、降水量の多い状態が続いています。
6月25日から7月8日までの「日照時間」の平年比は、東京では70%、名古屋では59%、新潟では44%となっています。また、同期間の「降水量」の平年比は、東京では175%、名古屋では223%、新潟では306%でした。

今後2週間も 日照不足と長雨が続く

東日本では、今後2週間程度も、前線や湿った空気の影響を受けやすいため、曇りや雨の日が多いでしょう。日照時間が少なく、降水量の多い状態が続きそうです。農作物の管理などに、十分ご注意ください。

あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。