東海や関東に発達した雨雲や雷雲 激しい雨を観測
拡大する(全2枚)

東海や関東に発達した雨雲や雷雲 激しい雨を観測の画像はこちら >>

きょう25日、東海や関東甲信を中心に発達した雨雲や雷雲がかかり、1時間に30ミリを超える激しい雨の降っている所があります。近畿や東海、関東甲信は夜にかけて所々で激しい雨や雷雨となるでしょう。

激しい雨や雷雨も

きょう25日、未明から明け方にかけては南西諸島や四国、近畿、東海を中心に発達した雨雲がかかり、兵庫県洲本市では1時間に70.5ミリと、非常に激しい雨が降りました。発達した雨雲は次第に東へ移動しており、午前10時現在、東海や関東甲信を中心に雨脚が強まっています。三重県大紀町では1時間に42.5ミリの激しい雨を観測。千葉県君津市では1時間に19.5ミリのザーザー降りの雨となっています。静岡県浜松市の佐久間では午前10時までの12時間雨量が234.5ミリと、7月の1位を更新しました。また、一部で雷雲が発達し、三重県や愛知県には竜巻注意情報が発表されています。

近畿や東海、関東甲信は夜にかけて激しい雨や雷雨に

東海や関東に発達した雨雲や雷雲 激しい雨を観測

近畿や東海、関東甲信は夜にかけて所々で激しい雨や雷雨になるでしょう。特に東海では非常に激しい雨の降る所があり、道路があっという間に冠水したり、アンダーパスなどの低い場所に水が流れ込んだりしそうです。車の運転は注意が必要です。また、局地的に雷雲が発達するため、落雷や竜巻などの激しい突風にもお気をつけください。

この記事の画像

「東海や関東に発達した雨雲や雷雲 激しい雨を観測」の画像1 「東海や関東に発達した雨雲や雷雲 激しい雨を観測」の画像2