日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
拡大する(全14枚)

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022の画像はこちら >>

※2021年4月撮影

トップ画像は、JR九州日豊本線西大分駅ホーム小倉駅側終端部から撮影した下り佐伯行電車。モダンなJR九州815系電車。

跨線橋に上がりました。東別府駅(小倉駅)方面です。木造駅舎の屋根がじっくり眺められました。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

下り大分駅(鹿児島駅)側はJR貨物駅があって多くの側線も見えます。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

ホームに降りた所に改札口があって駅員さんもいます。ICカード簡易改札機とチャージ機がありました。撮影した順番はトップ画像の方が先なので佐伯行電車がホームに入ってきました。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

乗車券販売機の上、近距離きっぷ運賃表。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

日出駅~幸崎駅間は10-45分間隔で運行されていますが、日出駅~杵築駅、中津駅~宇佐駅間は、お昼の時間帯に1~2時間運転間隔が開いてしまうのでレンタカーで撮影に回っています。もちろん過去にはこの区間も青春18きっぷで何度か「乗り鉄旅」を楽しんでいます。かつては朝5時台に西大分駅を出発して23時台に南宮崎駅に着く各駅停車が運転されていたそうです。現在は遠くても佐伯駅まで。

改札の横から跨線橋と木造駅舎。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

望遠レンズでアップも撮っておきます。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

JR貨物駅が広がります。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

駅名標。イラストが描かれていないですね。

日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022
※2021年4月撮影

西大分駅は、1911年(明治44年)鐵道院の駅として開業。1955年(昭和30年)大分港まで貨物支線が開通しましたが、1984年(昭和59年)に廃止されました。


この記事の画像

「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像1 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像2 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像3 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像4
「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像5 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像6 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像7 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像8
「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像9 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像10 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像11 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像12
「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像13 「日豊本線で初めての貨物駅です【木造駅舎コレクション】022」の画像14
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク