【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅

【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅
拡大する(全11枚)

【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅の画像はこちら >>
※2020年8月撮影

トップ画像は、山陽本線通津(つづ)駅。玖波駅は広島県でしたが、岩国駅を過ぎて通津駅は山口県岩国市にあります。

山陽本線の三原駅~田市駅間を瀬戸内海沿いを走る車窓の素晴らしい呉線、そして岩国駅から櫛ケ浜駅(実質は徳山駅)まで山の中を走る岩徳線にも魅力的な木造駅舎がありますが既に書いた様に先に山陽本線を下関駅まで到着してから後に紹介します。

先回の玖波駅が最も美しい木造駅舎だとすれば。今回の通津駅は「絵本に出て来る鉄道駅」の様な木造駅舎です。背後の風景と小さな木造駅舎の組み合わせは本当に絵本を観ている様です。右には小さなトイレ。

【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅
※2020年8月撮影

駅舎の佇まいは海辺にあって最高に気持ちの良い山陰本線折居駅に似た雰囲気です。山陰本線にも素晴らしい風景の中に佇む木造駅舎がたくさんあります。お楽しみに。

週末の朝イチなので人の気配はありません。静かで蝉の声だけがウルサイくらいです。

【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅
※2020年8月撮影

駅出入口。日本国有鉄道の建物財産標がありましたが判読が難しく辛うじて昭和9年と読み取れました。駅が開業した1934年の建造です。

【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅
※2020年8月撮影

通津駅は、1934年(昭和9年)鉄道省山陽本線の駅として開業。1960年(昭和35年)貨物取扱廃止。1987年(昭和62年)国鉄分割民営化でJR西日本に継承されました。2004年(平成16年)窓口営業が平日のみになります。筆者が訪問した土曜日は窓口は営業していませんでした。


この記事の画像

「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像1 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像2 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像3 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像4
「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像5 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像6 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像7 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像8
「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像9 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像10 「【木造駅舎カタログ】山陽本線022/31 通津駅」の画像11
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「海」に関する記事

「海」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「海」の記事

次に読みたい「海」の記事をもっと見る

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク