「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策

「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策
拡大する(全6枚)

「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイ...の画像はこちら >>

―――きょう食べたアカハタという魚は、対馬という島から届けてもらった魚。

日本にはたくさん島があって、豊かなに囲まれてるけど、日本はいま、穫れた魚の3割が、食べられずに捨てられてたりする。

今回は、『釣りスピリッツ』を楽しみにながら、こうした漁業の問題や、日本の豊かな海の存在を知ってほしい―――

カジサック(KAJISAC)が YouTube でそう伝えているように、日本人はニッポンの海のリアル実情を知ってない。

こんな状況をなんとかしたいと立ち上がったのが、大人気アーケードゲーム『釣りスピリッツ』。

「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く!魚屋で買える!

「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策

バンダイナムコアミューズメントは、魚釣り体験ゲーム『釣りスピリッツ』のゲーム内で釣れる魚が、リアルな離島から自宅に届く「釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン」を10月31日まで開催。

その注目企画が、Twitterプレゼント。バンダイナムコアミューズメント公式Twitterをフォローし、下のツイートから食べたい魚を選んでツイートすると、抽選で100名に、その時期に獲れた離島の漁師おすすめの魚が届く!

また対象ナムコ店舗では、キャンペーン参加Twitter画面をスタッフに見せると、「海の未来を守れ! アルミ魚クリップHOSSY」を先着1万名にプレゼントする。

さらに、リアルな魚屋sakana bacca中目黒・豪徳寺の2店舗と全国向け宅配EC「うおポチ宅配便(ウオタク)」では、9月20日まで「釣りスピリッツ」に登場する魚をはじめとしたさまざまな離島の魚を販売する。

―――そこで気になるのは、なぜ魚釣り体験ゲーム『釣りスピリッツ』が、リアルな離島から新鮮な魚をみんなに届けてくれるのか、魚屋とコラボ販売するのか、だ。

3000種類以上ものさまざまな魚が日本近海に生息しているのに……

「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策

画像↑↑↑は、魚屋sakana bacca豪徳寺店の店長と、『釣りスピリッツ』初代プロデューサー小山順一朗さん。小山さんは、今回の“魚直送企画”への想いについて、こう語る。

「『釣りスピリッツ』で釣れる魚は180種類で、これからも釣れる魚の種類がどんどん増えていきます。そして、ゲームよりもリアルな海のほうがすごくて、日本近海にはなんと3700種もの魚が存在しています」

「3000種類以上ものさまざまな魚が日本近海に生息しているのに、近所のスーパーや魚屋では、数えるほどの種類しか並んでいません。3000種類以上が、ほとんど見かけてないというのが実情です」

―――小山さんをはじめとした開発チームは、これらの問題を確かめるため「釣りスピ調査隊」を結成。

実際に長崎県の離島・対馬に行き、漁師の方から先進的な持続可能な漁業の取り組みを学んだり、漁に同行したり、海洋プラスチック問題の現状などを身を持って実感したという。

漁業にまつわる流通や消費者の課題が見えてくるはず

「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策

今回の「釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン」公式サイトでは、調査のようすを子どもたちにもわかりやすく紹介したコンテンツも公開。小山さんは、「今回の企画には、子どもたちのピュアな感受性から大人が学ぶことがいっぱいある」という。

「これ、どうしてなのか考えたことがありますか? 食べられないのかな? そんなことない。食べてみると、とってもおいしい魚がいっぱい!」

「ではどうして売ってないんだろ? ぜひ子どもたちと家族で話してみてください。いままで当たり前だと思っていただけに、答えに窮するかもしれません」

「そしてちょっと調べると、漁業にまつわる流通や消費者の課題が見えてきます。『釣りスピリッツ』を通じて子どもたちの好奇心を善導し、社会課題解決の一助になりたい。そんな想いの詰まったキャンペーンです。ぜひ奮って参加ください!」(小山さん)

課題を知るきっかけに、離島や漁業関係者を応援

「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策

バンダイナムコアミューズメントは、「釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン」を通して、近年社会問題になっている海にまつわる環境や漁業、離島などの社会課題についても興味関心を持ってもらうきっかけを投げかけている。

「周りを海で囲まれた日本では、海の豊かさや持続可能性に関する課題が山積しています。漁業の面では未利用魚の廃棄や漁業生産量の減少、環境の面では海洋プラスチック問題や海水温の上昇など、多くの課題があります。また離島では、コロナ禍での観光客の減少や漁師の後継者不足、地域社会の存続などが課題となっています」

「バンダイナムコアミューズメントは、今回のキャンペーンを通して、おもなユーザーである子どもたちだけではなく、より多くの人に楽しみながらそれらの課題に気づいたり、興味関心を持っていただくきっかけになるとともに、離島や漁業関係者を応援することができればと考えています」

◆釣りスピリッツ ぱくぱくキャンペーン
https://bandainamco-am.co.jp/am/mg/spirits/tsurisupi-pakupaku/

この記事の画像

「「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策」の画像1 「「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策」の画像2 「「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策」の画像3 「「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策」の画像4
「「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策」の画像5 「「釣りスピリッツ」で釣れる魚が離島から自宅に届く! バンダイナムコが異色コラボ、日本の海にある課題に打開策」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

「海」に関する記事

「海」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「海」の記事

次に読みたい「海」の記事をもっと見る

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク